松向軒(しょうこうけん)

茶室

庵号:松向軒

所在地:高桐院 (京都市北区紫野大徳寺町)   地図情報

設計:細川忠興(細川三斎)

広さ:二畳台目

 松向軒(しょうこうけん)は、大徳寺塔頭 高桐院にある茶室

 「松向軒」の名前は、細川忠興の法名である「松向寺殿三斎宗立」に由来する

【松向軒の歴史・経緯】


【松向軒】

 茶室「松向軒」は、大徳寺塔頭 高桐院の本堂北にある書院「意北軒」に続く茶室
 書院「意北軒」は、千利休の邸宅を移築したものといわれる

 千利休の茶を忠実に継承しているといわれる

 柿葺の切妻(片流れ風)、妻側に庇、土間庇で、草庵風で質素に造られている

 二畳台目で、三畳の水屋がついている

 赤松皮付きの中柱に横竹を入れ、壁は、茶室に珍しい黒壁になっている

 床は、下座で躙口を入って左にある

 天井は、床前が野根板天井、点前座が蒲天井、他は化粧屋根裏天井になっている

 清巌和尚により
 「常に松声を聞き、かつ趙州無舌の茶味を嗜む」ことにちなんで、「松向」と名付けられたともいわれる

【その他】

 <茶室「鳳来」>
 高桐院の客殿西北部にある八帖円能斎好みの大らかで優美な茶室

【松向軒へのアクセス】

 市バス 大徳寺前 徒歩約10分


【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第3回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク