遼廓亭(りょうかくてい)(RyoukakuTei)

所在地:仁和寺 (京都市右京区御室大内)   地図情報

創建:尾形光琳

二畳半台目

重要文化財

 遼廓亭(りょうかくてい)は、仁和寺の黒書院の北西に建つ茶室がある建物

 4畳半2間続きの書院と、如庵を写した2畳半台目の茶室がある

【遼廓亭の歴史・経緯】


【遼廓亭】

 仁和寺門前竪町の尾形光琳の屋敷「習静堂」にあったものを移築したものといわれる

 尾形光琳の好み(設計)といわれる

 4畳半2間続きの書院と、如庵を写した2畳半台目の茶室、控えの間、勝手の間がある

 如庵と比べて、長すさが散りばめられている
 南東隅には、「峨前庵」と称される、江戸末期の三畳半向切の茶席がある

【遼廓亭の特徴】

 <茶室
 柿葺・数寄屋造で二畳半台目の茶室

 葺下し屋根の下に袖壁があり、その中に躙口がある

 内部の壁は、黒に近いすさ藁を入れた錆壁

 床の間と茶道口の間には三角形の地板(鱗板)があり、それに沿って斜に壁があり、茶道口と給仕口が共有になっている
 この鱗板と斜壁を「有楽囲」「筋交の囲」と称される

 風炉先は火灯形の窓がある板壁になっている

 天井は竹を中心とした化粧屋根で、突き上げ窓がある

 <書院>
 上段にある四畳半の広間
 中央に炉が切ってある四畳半の水屋の間

 この二間を、床の奥行き分の約1尺5寸ずらし、連続する二間になっている
 二間には鴨居も敷居もなく、天井にわずかな高低差がある

 広間の床の壁は、錆壁で、長すさが金色に散りばめられている

 広間の北と南に縁があり、庭と一体感をもたせている

【遼廓亭へのアクセス】

 市バス 御室仁和寺
 JRバス 御室仁和寺
 京福電車 北野線 御室駅


【京都検定 第5回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク