飛濤亭(ひとうてい)

茶室

庵号:飛濤亭

所在地:仁和寺 (京都市右京区御室大内)   地図情報

広さ:四畳半

重要文化財

 飛濤亭(ひとうてい)は、仁和寺の本坊庭園の東北隅にある茶室

 光格天皇遺愛の席といわれる、四畳半の茶室と水屋・台所からなる草庵式の茶席

【飛濤亭の歴史・経緯】


【飛濤亭】

 落掛を用いない踏み込み床で、洞床(ほらどこ)となっている

 天井は床前が網代の平天井、手前座を蒲の落天井、その他は化粧屋根裏となっている
 網代(あじろ)とは、葭・杉柾・杉皮・桧・竹皮・椹などの枌板を編んだもの

 二本引きの襖の左側に一畳半の水屋がある
 その奥に、三畳の台所、一畳の入り土間が続いている

 壁は、錆壁(さびかべ)で塗られ、藁すさが露出し、西面や南面から夕日が射して壁面が黄金色に変色する
 北東隅には丸柱の一部が見え、楊枝柱となっている

 床柱は栗の手斧打、相手柱は松丸太

 解体修理の結果、
 茶室の内外の壁に赤土を薄く塗った跡があり、天井や鴨居などの木部から紅殻(べんがら)と見られる赤い顔料が検出された
 創建当初は、全体に落ち着いた朱色であったとされる

【その他】

 <遼廓亭
 同じく仁和寺の黒書院の北西に建つ茶室

【飛濤亭へのアクセス】

 市バス 御室仁和寺
 JRバス 御室仁和寺
 京福電車 北野線 御室駅


【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク