雲龍図(うんりゅうず)

雲龍図(うんりゅうず)は、雲の中を飛ぶ龍を描いた絵

禅宗の法堂の天井によく描かれる

【龍】

 龍(竜)(りゅう)は、中国神話の生物で、中国では皇帝のシンボルとされた

 神獣・霊獣とされる
 水中や地中に棲んでいるといわれる
 鳴き声で雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り飛翔するといわれる

 秋になると淵の中に潜み、春には天に昇るともいわれる

 <竜に九似あり>
 角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、身体は蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似ているという

 口辺に長髯があり、喉下には一尺四方の逆鱗があり、顎下に宝珠を持っているといわれる

 <十二支>
 辰年の生物
 唯一の伝説上の生物

【禅宗法堂天井の雲龍図】

 龍は仏の教えを守護する八部衆の一つで龍神とされる

 法堂(はっとう)は、僧侶が仏法を大衆に説くお堂で、天井に龍が描かれ法の雨(仏法の教え)を降らすといわれる

 水を司る龍神が、重要な建物を火災から守るといわれる

 <建仁寺
 小泉淳作の筆の「大双龍図」
 方丈には、海北友松の筆の障壁画の雲龍図もある

 <相国寺
 狩野光信の「蟠龍図(ばんりゅうず)」「鳴き龍」

 <大徳寺
 狩野探幽の筆の「鳴き龍」

 <天龍寺
 加山又造の筆の「八方睨みの龍」

 <東福寺
 堂本印象の筆

 <南禅寺
 今尾景年の筆の「幡竜」

 <妙心寺
 法堂の天井の狩野探幽の筆の「八方睨みの龍」





【その他】

 <閑臥庵
 本堂の天井に雲龍図が描かれている

 <地主神社
 拝殿の鏡天井には、狩野元信の筆による丸竜が描かれている
 八方にらみの竜

 <毘沙門堂
 霊殿の天井に描かれた雲龍図
 狩野永叔主信の筆

 <北野天満宮
 紙本墨画 六曲一双 雲龍図(重要文化財)
 海北友松の雲龍図屏風の代表的作品

 <麟祥院
 方丈の海北友松の筆の水墨襖絵
 「雲龍図」は、6面に雌雄一対の龍が描かれている

 <善願寺
 地蔵堂(本堂)の天井に、岸派の画家による華麗な「花卉図」「雲龍図」「飛天図」など天井画120面が描かれている

 <十念寺
 曾我蕭白の筆の襖絵「雲龍図」

 <雲龍院
 本堂 龍華殿に水墨作家 堂野夢水作の襖絵「双龍風雷図」14面がある


【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第9回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク