円山派(まるやまは)

江戸時代中期に生じた画派

創始:円山応挙

 円山派(まるやまは)は、円山応挙中期の円山応挙を祖とする画派

 琳派など日本伝統の装飾画法に、写生画風や西洋画の写実技法を加味して、新たな画風を開いたといわれる

【円山派の主な画家】

 初代 円山応挙
 2代目 円山応瑞

 <応門十哲>
 駒井源g
 長沢蘆雪
 山跡鶴嶺
 森徹山
 吉村孝敬
 山口素絢
 奥文鳴
 月僊
 西村楠亭
 渡辺南岳

【その他】

 <四条派
 江戸時代
 与謝蕪村から文人画(南画)を学んだ呉春が、円山応挙に入門しようとするが、円山応挙は固辞して
受け入れず親友として待遇したといわれる
 呉春は、円山応挙の写実性に感化し、独特の画風を作り上げていき、多くの弟子たちにより発展して四条派
作り上げられていった

 <円山四条派(まるやましじょうは)>
 円山応挙を祖とする写実的な絵画の円山派と、その流れをくむ呉春の開いた四条派を併称したもの


【京都検定 第10回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク