狩野探幽(かのうたんゆう)(Kanou Tanyuu)

狩野派を代表する絵師

生年:1602年(皇紀2262)慶長7年1月14日
没年:1674年(皇紀2334)延宝2年10月7日

狩野永徳の孫

出身:京都生まれ

本名:守信

 狩野探幽(かのうたんゆう)は、江戸時代狩野派を代表する絵師

 徳川幕府の御用絵師となり、二条城・江戸城・名古屋城・大徳寺妙心寺などの障壁画に作を残す

 江戸狩野派の基礎を築く

 山水図、人物図、花鳥図など幅広い作品を持つ

【狩野探幽の歴史・経緯】


【狩野探幽の主な作品】

 <探幽縮図>
 自らが観た名画を縮図として模写したもの
 膨大な量が残っており、歴史資料、絵画資料として貴重なもの

 <二条城二の丸御殿(国宝)の障壁画(重要文化財)
 各部屋には、狩野探幽・狩野尚信狩野興以による障壁画や襖絵が部屋の目的によって描かれている
 式台の間の襖絵は、狩野探幽が25歳のときの作
 老中の間の三の間には、柳と鷺の絵が描かれており、狩野探幽と高弟の作
 大広間の四の間の襖絵には、枝張り11mもある老松に鷹が豪壮に描かれている

 <桂離宮
 中書院と新御殿の水墨主体の障壁画

 <詩仙堂
 詩仙の間
 石川丈山が選んだ中国の漢晋唐宋の各時代の詩人36人肖像を、狩野尚信と描き、詩仙の間の四方の壁に掲げられている

 <大覚寺
 正寝殿(重要文化財)の障壁画
 狩野山楽、狩野探幽らの作である

 <大徳寺
 方丈(国宝)の障壁画83面(重要文化財)

 <南禅寺
 小方丈(国宝)の障壁画「水呑の虎」
 三門(重要文化財)の天井画の天人と、鳳凰の図

 <西本願寺
 黒書院の障壁画「瀑布山水図(ばくふさんすいず)」
 簡素にまとめられた、55歳のときの作

 <妙心寺
 法堂(重要文化財)の内部の鏡天井の「雲龍図(八方にらみの龍)」
 大方丈(重要文化財)の南側3室の障壁画(需要文化財)

 <龍源院
 達磨図

 <永観堂
 小方丈の欄間に描かれた雀の絵
 永観堂の七不思議の一つ「抜け雀」

 <金地院
 方丈の襖絵

【その他】

 <蓮華寺
 再興に協力し、鶴亀の庭園を、石川丈山と協力して作庭したといわれる


【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第2回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク