呉春(ごしゅん)(Gosyun)

呉春(ごしゅん)は、江戸時代中期の絵師

生年:1752年(皇紀2412)宝暦2年3月15日
没年:1811年(皇紀2471)文化8年7月17日
享年:60

本姓:松村(まつむら)
本名:豊昌(とよまさ)
字:裕甫、後に、伯望(はくぼう)

通称:文蔵(ぶんぞう)・嘉左衛門
号:呉春・松村月渓・可転(かてん)・允白(いんぱく)・存允白・孫石(そんせき)
俳号:月溪(げっけい)
軒号:百昌堂・蕉雨亭など

四条派の始祖

出身:京都 金座年寄役の家の長男
お墓:金福寺

 呉春(ごしゅん)は、江戸時代中期の絵師

 与謝蕪村の内弟子として俳諧や南画(文人画)を学び、円山応挙から写実画を学ぶ

 自宅が四条通付近であったことから四条派の始祖とされる

 社交的で、絵画・俳諧・書・篆刻・謡曲・横笛・蹴鞠にも堪能だったといわれる

【呉春の歴史・経緯】

【呉春の主な代表作】

 与謝蕪村の叙情性と、円山応挙の写実的な美を兼ね備え、日本画の画風に大きな影響を与えた

 自宅が四条通付近(東洞院通錦小路通上ル)であったことから四条派の始祖とされる


 <絹本墨画淡彩 柳鷺群禽図(りゅうろぐんきんず)(重要文化財)>
 六曲一双
 天明年間(1781年〜1789年)の池田時代の作
 京都国立博物館の所蔵

 <群山露頂図(重要文化財)>
 大乗寺襖14面
 1787年(皇紀2447)天明7年の池田時代の作(播磨国大乗寺の第1回目の襖絵制作)
 大乗寺(兵庫県香美町)の所蔵

 <紙本墨画淡彩 金泥引金箔散 四季耕作図屏風>
 六曲一双
 寛政年間(1789年〜1801年)の四条派時代の作
 廬山寺の所蔵

 <四季耕作図(重要文化財)>
 大乗寺襖12面
 1795年(皇紀2455)寛政7年の四条派時代の作(播磨国大乗寺の第2回目の襖絵制作)
 大乗寺(兵庫県香美町)の所蔵

 <紙本 西本願寺晟章殿小書院障壁画(京都市指定有形文化財)>
 西本願寺晟章殿小書院障壁画85面
 1795年(皇紀2455)寛政7年から1797年(皇紀2457)寛政9年頃の四条派時代の作
 西本願寺の所蔵

 <紙本墨画淡彩 山水図(京都市指定有形文化財)>
 妙法院白書院の襖6面・違棚壁貼付4面の合計10面
 寛政年間(1789年〜1801年)後期の四条派時代の作
 妙法院の所蔵

 <紙本墨画淡彩 泊舟図襖(京都市指定有形文化財)>
 醍醐寺三宝院新居間の襖4面
 文化年間(1804年〜1818年)の四条派時代の作
 醍醐寺三宝院の所蔵


 <鶏鉾の下水引>
 呉春・松村景文(まつむらけいぶん)・玉鉉(ぎょくせん)など四条派画家の下絵

 <野仏庵の茶席「雨月席」>
 床に、上田秋成の筆の「猫恋妻」の歌幅が掛けられ、襖絵は、上田秋成と親しかった呉春の筆

【その他】

 <円山四条派(まるやましじょうは)>
 江戸時代中期、円山応挙を祖とする写実的な絵画の流派の円山派と、その流れをくむ呉春の開いた四条派を
併称したもの

 <四条派の名前の由来>
 呉春の自宅が東洞院通錦小路通上ルにあり、呉春の弟子である岡本豊彦や実弟の松村景文などが、四条通周辺に住んでいたことから、
「四条派」と称されるようになった


【京都検定 第10回1級】

【京都検定 第13回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク