一力亭(いちりきてい)(Ichirikitei)

一力亭は、祗園甲部にあるお茶屋

所在地:京都市東山区祇園町南側   地図情報

旧屋号:万屋

 一力亭(いちりきてい)は、祗園甲部四条通花見小路通が交差する南東角にあるお茶屋

 大石内蔵助も利用していたといわれ、浄瑠璃「仮名手本忠臣蔵」の七段目の舞台となった

 近藤勇や大久保利通、西郷隆盛なども通っていたといわれる

【一力亭の歴史・経緯】


【その他】

 <浄瑠璃「仮名手本忠臣蔵」>  主君の仇討ちを果たした大石内蔵助・赤穂四十七士の物語
 1748年(皇紀2408)寛延元年8月14日から11月中旬まで
 大坂竹本座で、人形浄瑠璃の「仮名手本忠臣蔵」が初演される
 赤穂四十七士を、いろはの47字にかけて「仮名手本」、「忠臣大石内蔵助」から「忠臣蔵」とされたといわれる
 江戸幕府への遠慮から、屋号「万屋」の「万」の字を二つに分けて「一力」という屋号とされたり、
「大石内蔵助」を「大星由良之助」と表記される

 <大石忌>
 3月20日
 大石内蔵助の命日に一力亭で行われる法要
 仏壇に、討ち入りそばや大石の好んだものが供えられ、
 馴染みのお客が招かれ、井上八千代により「深き心」が舞われたり、芸舞妓によりが地唄「宿の栄」が舞われる

【一力亭へのアクセス】

 市バス 祇園 徒歩5約分
 市バス 四条京阪前 徒歩約5分


【京都検定 第6回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク