池坊専好(いけのぼうせんこう)(Ikenobou Senkou)

池坊専好(いけのぼうせんこう)

華道家元(一世から三世までいた)

 池坊専好(いけのぼうせんこう)は、桃山時代から江戸時代中期にかけての立花師・華道家元

 桃山時代には、豪壮で華麗な建築に合わせるように、立花も大型で複雑なものへと変化し、
 池坊専好が、見事な立華を立て確立していく

 二世 池坊専好は、立華の大成者で、
 後水尾天皇に召し出されて立花を指導し、宮中における立花会の判者にもなる

 当初は「立華(たてはな)」と称され、
 池坊専好による様式の完成以降は、「立花(たてはな)」が「立花(りっか)」と称されるようになる

初代 池坊専好

生年:1536年(皇紀2196)天文5年
没年:1621年(皇紀2281)元和7年

華道家元 池坊三十一世

 初代 池坊専好は、立花に儒学の教えを取り入れ、それまでの立花に画期的な変化をもたらした

 1594年(皇紀2254)文禄3年
 豊臣秀吉が前田利家邸に赴いたときに、池坊専好が三之間に座敷飾を施し、
 桃山時代の雄大なスケールの大砂物を立てて「池坊一代の出来物」と称賛される

 1599年(皇紀2259)慶長4年
 大雲院で催した百瓶華会(ひゃくへいかかい)が絶賛される

 <前田邸の大砂物>
 1594年(皇紀2254)文禄3年9月
 前田利家邸の三之間に立てた雄大なスケールの立花
 大きな盆に砂を張り、その上に花を立てたもの
 4間床(7.2m)にかけた4幅対の軸物の猿猴20匹が、なびいた松の枝にと止まっているように見えたといわれる
 平安時代の洲浜台(すはまだい)が原型になっているといわれる

【二世 池坊専好】

生年:1570年(皇紀2230)元亀元年
没年:1658年(皇紀2318)万治元年

華道家元 池坊三十二世

 二世 池坊専好は、立花の大成者で、立花に仏教をの教えを取り入れた

 立花好きの後水尾天皇は、親王や側近の公家達と、たびたび立花御会を催され、
池坊専好は、宮中に召されて指導的な役割をはたした


 池坊の拠点が、下京の町衆の中心的存在であった六角堂にあり、公家の教養から、富裕な町人の間にも普及し始める

 1629年(皇紀2289)寛永6年
 後水尾天皇が、公家・僧侶・町人までを参加させた宮中立花会を催し、
 池坊専好が判者となる

 作品図が、池坊、曼殊院陽明文庫などに残されている

 <花形絵>
 後水尾天皇の退位後、仙洞御所で催された立花会での池坊専好の作品を写生したもの
 後世の立花の手本とされましる

 <立花之次第九十三瓶有(重要文化財)>
 1628年(皇紀2288)寛永5年から1635年(皇紀2295)寛永12年の間に
 禁中紫宸殿や小御所、高松宮好仁親王邸、関白 近衛信尋邸、一条兼遐邸などで立てた立花・砂之物の花形絵91図と
 池坊専好の伝授を受けた妙法院 尭然親王と、南坊が立てた立花2瓶の図

【三世 池坊専好】

生年:1680年(皇紀2340)延宝8年
没年:1734年(皇紀2394)享保19年

 三世 池坊専好は、伝書の整備と伝授された式法を改訂する

【立花(りっか)】

 室町時代に成立した最も古いいけばなの様式

 当初は「立華(たてはな)」と称され、
 池坊専好による様式の完成以降は、「立花(たてはな)」が「立花(りっか)」と称されるようになる

 <特徴>
 木を山、草を水の象徴として、一瓶の中に自然の景観美、この世の森羅万象が表される

 立花では、草木の調和を通して、自然の摂理を知ることが大切にされている

 基本形が成立した当初は、真・副・副請・真隠・見越・流枝・前置というの7つの役枝で構成されていた


 立花には、伝統的な型を持つ「立花正風体」と、既成の型を持たない「立花新風体」がある

 <立花正風体(りっかしょうふうたい)>
 池坊の伝統的な美感と、7つあるいは9つの役枝からなる構造を基本として、草木の出生にならって構成される
 また、複雑で多彩な構成により、自然の面影や草木の風格が表される
 明治時代に、規範として定められた

 <立花新風体(りっかしんぷうたい)>
 型の美ではなく、表現内容を重視した立花の新しい様式
 伝統的な美感と構造を基本としつつ、花材の伸びやかさ、新鮮さ、艶やかさを持つ
 また、様々な花材が用いられ、意外性や対照効果のある取り合わせにより、明るさ、鋭さ、際立ちなどの美が表現される
 1999年(皇紀2659)平成11年
 当代の家元池坊専永により発表される


【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第12回2級】

【京都検定 第13回2級】

【京都検定 第14回2級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第11回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク