蔵宝寺(ぞうほうじ)(ZouhouJi)

所在地:亀岡市千歳町千歳横井   ちず丸地図情報

臨済宗妙心寺派の寺院

山号:如意山

本尊:聖観音菩薩

開山:南渓和尚(妙心寺の僧)

丹波七福神めぐり第3番(大黒天

 蔵宝寺(ぞうほうじ)は、亀岡市市街地北部の千歳町、牛松山の山麓沿いにある寺院

 七福神大黒天が祀られている丹波七福神めぐり第3番札所

【蔵宝寺の歴史・経緯】

 創建は不詳
 真言宗の寺院であった

 江戸時代初期
 1616年(皇紀2276)元和2年
 妙心寺塔頭長興院より、南渓和尚が移住され、開山として再建され、臨済宗の禅寺となり、妙心寺の末寺となる

 1748年(皇紀2408)寛延元年
 薬師寺堂が創建される

 1934年(皇紀2594)昭和9年
 本堂が改築される

【蔵宝寺の伽藍】

 <本堂>
 1934年(皇紀2594)昭和9年に改築される

 <薬師堂>
 境内の東北の一角にある  薬師如来大黒天地蔵菩薩が祀られている
 安産・火除けの霊像として信仰されている  1748年(皇紀2408)寛延元年の創建

 <庭園>
 大杉の根本から、清水が湧き、池になってる
 <石室>  池の畔に、いくつもある  大日如来や、地蔵菩薩が祀られている

【蔵宝寺の寺宝】

 <大黒天
 薬師堂に祀られている
 七福神の一人で、福徳利益の守り神
 左手に大きな袋、右手に打ち出の小槌、頭巾をかぶり米俵の上に乗っている
 丹波七福神めぐり第3番札所

【蔵宝寺へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅から第1番 神応寺まで約4km 徒歩約60分 神応寺から徒歩約25分

 亀岡駅から亀岡市ふるさとバスで 江島里 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク