善法律寺(ぜんぽうりつじ)(ZenpouritsuJi)

所在地:八幡市八幡馬場

律宗(りっしゅう)の奈良唐招提寺の末寺

本尊:僧形八幡大菩薩坐像

開基:善法寺宮清(ぜんぽうじきゅうせい)(石清水八幡宮社務)

開山:実相上人(じっそうしょうにん)(奈良東大寺)

通称:もみじ寺

 善法律寺(ぜんぽうりつじ)は、八幡馬場の男山中学校跡地の馬場運動広場南側にある律宗(りっしゅう)の寺院

 明治時代の神仏分離までは、石清水八幡宮の祭神とされていた

 室町三代将軍 足利義満の生母 良子が、特に好きだった紅葉の樹を多く寄進し、
現在も「もみじ寺」と称される紅葉の名所

【善法律寺の歴史・経緯】


【善法律寺の伽藍】

 伽藍は、本堂を中心に庫裡、阿弥陀堂、聖天童が配されている

 <本堂>
 神仏混淆の方五間入母屋造
 中央の内陣を「高御倉(たかみくら)」と称される
 堂のすべての柱は、中程で特殊な方法で接がれており、耐震の工夫がされているといわれる
 当初は、丹朱塗とされている
 弘安年間(1278年〜1288年)
 石清水八幡宮の旧社殿を移して建立される
 鎌倉時代の様式の遺構

 <五輪石塔>
 放生池畔に立つ
 大乗院にあったものといわれる
 鎌倉時代のもの

 <石地蔵>
 放生池畔に立つ
 大乗院にあったものといわれる

【善法律寺の寺宝】

 善法律寺には、優れた仏像彫刻が現在も多く残る

 <僧形八幡大菩薩坐像>
 本堂に安置されている本尊
 明治時代の神仏分離が行われるまでは、石清水八幡宮の祭神とされていたもの
 等身彩色の座像で、左手に宝珠、右手に錫杖を持つ
 平安時代末頃の作といわれている

 <愛染明王>
 僧形八幡菩薩坐像の脇侍
 鎌倉時代の作

 <不動明王
 僧形八幡菩薩坐像の脇侍
 等身大の玉眼彩色
 鎌倉時代の作

 <宝冠阿弥陀>
 奥殿に安置されている
 石清水八幡宮の宿院頓宮にあったといわれる
 南北朝時代の作

 <千手観音菩薩立像>
 奥殿に安置されている
 鎌倉時代の作


【京都検定 第4回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク