義経大日如来(よしつねだいにちにょらい)(YoshitsuneDainichiNyorai)



所在地:京都市左京区粟田口山下町   地図情報
 義経大日如来(よしつねだいにちにょらい)は、蹴上の琵琶湖疏水蹴上インクライン上の船溜り付近に小さな祠に祀られている大日如来

 源義経が、安置した9体の蹴上の石仏の一つといわれている

蹴上の石仏

 「山城名勝志」第13巻によると、
 平安時代末期
 1177年(皇紀1837)安元3年
 牛若丸(後の源義経)が、金売吉次をお伴にして、兄の源頼朝の元へ、奥州を目指して東海道を下る途中、
 道中の安全祈願を日向大神宮で済ませ、九条山の坂にさしかかた時、
 馬で坂を下りてきた平家の武士 関原与市重治ら9人の馬が水溜りの水を蹴り上げ牛若丸にかけてしまった

 晴れの門出を汚された牛若丸は、馬上の威圧的な武将達に怒りがおさまらず、9人の武将を瞬く間に斬り殺してしまう

 後に、愚かな行為を悔やんだ牛若丸が、9人の菩提を弔うために9体の石仏を東海道沿いに安置したといわれる

 「蹴上」の地名の由来にもなっている

【アクセス】

 地下鉄 東西線 蹴上駅 徒歩約5分


【京都検定 第2回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク