矢取地蔵寺(やとりじぞうじ)(YatoriJizouJi)


所在地:京都市南区九條羅城門   地図情報

本尊:矢取地蔵尊

 矢取地蔵寺(やとりじぞうじ)は、九条千本の羅城門跡の向かいにある小さなお堂

 <石造 矢取地蔵尊>
 高さ約160cm
 右肩に矢傷の跡が残っているといわれる
 当初は「矢負地蔵(やおいじぞう)」と称されていたといわれる

 <地蔵堂>
 1885年(皇紀2545)明治18年3月
 地元 唐橋村(八条村)の人々により寄進され建立

 昭和時代初期
 九条通の拡幅工事のときに、地蔵堂周辺から多数のお地蔵が発掘され、地蔵堂の右側に祀られている


故事

 <雨乞い合戦>
 平安時代初期
 824年(皇紀1484)天長元年夏
 長期間雨が降らず大干ばつとなり、淳和天皇は、東寺弘法大師 空海と、西寺の守敏大師(しゅびんたいし)に、
神泉苑での降雨祈祷を命じる

 先に名乗りをあげたのが守敏大師
 17日間も祈祷を続けたが雨は降らなかった

 次に空海
 守敏大師は、雨を降らす龍神の動きを呪術によって止めていたという
 しかし、空海は、天竺の無熱池に棲む善女龍王(ぜんにょりゅうおう)を勧請し、降雨祈祷を行い、
みごとに3日3晩、雨を降り続けさせたといわれる

 これにより、神泉苑において雨乞いの儀式が行われるようになったといわれる

 面目をつぶされた守敏大師は、空海に恨みをもち、
羅城門の近くを通る空海を待ち伏せ、後ろから矢を放つ
 そこに一人の黒衣の僧が現れ、守敏大師の矢を右肩に受け、空海は難を逃れた

 空海の身代わりになった僧は、地蔵尊だったといわれ「矢取地蔵」と称されるようになる

【矢取地蔵寺へのアクセス】

 市バス 羅城門 すぐ

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク