金剛寺(こんごうじ)八坂庚申堂(やさかこうしんどう)

正式名称:金剛寺(こんごうじ)庚申堂(こうしんどう)

所在地:京都市東山区金園町   地図情報

庚申信仰の寺院

山号:大黒山

本尊:青面金剛童子(しょうめんこんごうどうし)

開基:浄蔵貴所

通称:八坂庚申堂(やさかこうしんどう)・庚申さん(こうしんさん)

日本三庚申:八坂庚申堂・大阪四天王寺庚申堂・東京入谷庚申堂(現存せず)

ご利益:病気平癒(腰痛や神経痛)・災難除け・猿結び(縁結び)

 金剛寺(こんごうじ)八坂庚申堂(やさかこうしんどう)は、法観寺(八坂の塔)のすぐ西にある寺院

 日本三庚申の一つで、庚申信仰発祥の地とされる

 境内には、多くのくくり猿が吊り下げられている

【八坂庚申堂の歴史・経緯】


【八坂庚申堂の伽藍】

 <山門>
 朱塗り
 屋根に「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿がいる

 <本堂>
 正面奥に建つ
 本堂の周りには、色とりどりの「くくり猿」が、参拝者により吊るされている
 正面中央には、秘仏の本尊 青面金剛が祀られている
 左手には、地蔵菩薩や聖徳太子などの像
 右手には、不動明王や大黒天、開基 浄蔵貴所などの像
 1678年(皇紀2338)延宝6年
 現在の本堂が再建される

 <石仏地蔵の小堂>

 <石碑>
 山門の前に立つ
 「日本最初 庚申尊」と刻まれている

【庚申信仰】

 <本尊 青面金剛(しょうめんこんごう)>
 末法の乱れた世の人々を救おうと、釈迦と阿弥陀と薬師如来が相談され、その結果、青面金剛となって現れたといわれる
 青面金剛は、人を食う夜叉の姿で現れ、悪人を食らい、善人を食わないといわれる
 人間の体の中から出ている三尸の虫も食べるといわれる
 腕は、4本または6本で、足元に邪鬼を踏みつける形をしている

 <庚申待ち(こうしんまち)>
 庚申(こうしん)とは、干支でいう庚申(かのえさる)の日のことで、60日ごとに巡ってくる
 中国の道教によると、
 人間の頭部・腹部・脚部にそれぞれ住み着いている三尸の虫(さんしのむし)が、庚申の夜ごとに1匹づつ寝ている間に
体から抜け出し、天帝という神さんに、その人の行った悪行を報告しに行くといわれる
 天帝は、その悪行の罰としてその人の寿命を縮めるといわれ、罪は「鬼籍」と称される台帳に記録されて、
その数が500を超えた時に、その人が死ぬといわれる
 平安時代に、道教の教えが日本に伝わり、陰陽師によって広められ、
 三尸の虫は、人間が寝ている間しか体を抜けられないため、庚申の夜は寝ないで徹夜をして過ごす「庚申待ち」という風習が、
貴族の間で行われてきた
 室町時代には、庶民にも「庚申待ち」が広がり、江戸時代まで続いた
 その後、青面金剛が、この三尸の虫を食べるといわれ、「庚申待ち」には、青面金剛を祀る風習が広まった
 この日、寝ないで一晩一心に願い続ければ如何なる願いも叶うといわれる
 青面金剛は、「庚申さん」と称されるようになった




【八坂庚申堂の寺宝】

 <青面金剛(しょうめんこんごう)>
 秘仏の本尊
 奈良時代
 秦河勝が、本尊 青面金剛を、秦氏の守り本尊として中国から招来したもの
 2004年(皇紀2664)平成16年4月11日(庚申の日)
 24年ぶりに開帳される

 <脇侍 四大夜叉(しだいやしゃ)>
 <脇侍 不動明王(ふどうみょうおう)>
 <脇侍 弁財天(べんざいてん)>
 <脇侍 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)>
 <脇侍 大黒天
 <脇侍 大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)>
 <脇侍 天神(てんじん)>
 <脇侍 三猿(さんえん)>

 <木像 賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)>
 境内のほぼ中央におかれている
 釈迦の弟子で、神通力第一といわれている十六羅漢の一人
 撫で仏として信仰されてきている

【八坂庚申堂の祭事】

 <コンニャク封じ祈祷・コンニャク焚き>
 庚申の日
 開基 浄蔵貴所大法師が、青面金剛の霊示を受けて、祈祷されたコンニャクを3つ、北を向いて庚申尊を念じながら
無言で食べれば諸病諸厄が免れるとして施したといわれる
 それにちなみ、猿形に抜いたコンニャクが3個振舞われる

 <庚申護摩供>
 庚申の日の午前11時と午後3時

 <タレコ封じ>
 下の世話にならず元気に過ごすための祈祷・帯下の病平癒の祈祷

 <鈎召祈祷(こうちょうきとう)>
 家出人・行方不明・失せ物を引き寄せる祈祷

【その他】

 <くくり猿>
 色とりどりの布で作られた猿の人形の手足をくくりつけ、丸められた状態になったもの
 体内には、本尊 青面金剛のお札が納められ、開眼の秘法によって魂が込められている
 人の中にある「欲望」が動かないように、庚申さんによってくくりつけることを祈願されている

 <開基 浄蔵貴所
 平安時代の文章博士 三善清行の息子
 学問や声明・文学にも秀でた修験者
 祇園祭山鉾山伏山」に祀られている
 死んだ父親を蘇生させ、一条戻橋の由来となる
 庚申堂の隣に立つ八坂の塔(法観寺)が傾いたときには、霊力でまっすぐに直したといわれる

【八坂庚申堂へのアクセス】

 市バス 清水道 徒歩約5分
 京阪電鉄 四条駅 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク