雲龍院(うんりゅういん)(UnryuuIn)

所在地:京都市東山区泉涌寺山内町   地図情報

真言宗泉涌寺塔頭の別格本山

山号:瑠璃山(るりさん)

本尊:薬師如来

開基:後光厳上皇(ごこうごんじょうこう)

開山:竹厳聖皐(ちくがんしょうこう)

中興の祖:如周正専(じょしゅうしょうせん)

通称:泉涌寺別院(せんにゅうじべついん)

西国薬師如来四十番霊場

 雲龍院(うんりゅういん)は、泉涌寺の南の高所にある塔頭で別格本山とされる

 南北朝時代後光厳天皇が建立され、三代にわたり菩薩寺となる
 後円融天皇が妙法写経を発願され、写経道場として受け継がれ、現在も誰でも写経体験ができる

【雲龍院の歴史・経緯】



【雲龍院の伽藍】

 <不明門(正門)>

 <本堂「龍華殿(りゅうげでん)」(重要文化財)>
 寄棟、入母屋造、さわら材を竹の釘で打った柿葺の珍しい建物
 水墨作家 堂野夢水作の襖絵「双龍風雷図」14面がある
 奥の霊明殿のために、南面から築地塀が巡らされている
 1389年(皇紀2049)元中6年/康応元年
 後円融天皇により、妙法写経を行う龍華殿が建立される
 その後、焼失する
 1501年(皇紀2161)文亀元年
 後柏原天皇の勅命で、後土御門天皇の葬儀のときに用いられた御黒戸御殿を賜り、「如法御殿」と名付けられ、
写経の道場とされる
 地震で倒壊
 1639年(皇紀2299)寛永16年
 後水尾上皇の援助のもとにが再建される
 1646年(皇紀2306)正保3年
 現在の本堂が再建される

 <霊明殿>
 皇族の位牌堂
 瓦葺、入母屋造
 前庭に石灯籠が一基だけ置かれている
 内陣の中央に、北朝の後光厳天皇、後円融天皇、後小松天皇、称光天皇の尊牌
 左側には、後水尾天皇から孝明天皇までの歴代天皇の尊牌
 右側には、東福門院、普明照院など江戸時代の皇子・皇女の尊牌が奉安されている
 1868年(皇紀2528)明治元年
 孝明天皇・大宮御所・静寛院宮・各尼門跡宮からの援助を受けて再建される

 <書院>
 霊明殿の奥にあるL字型の建物
 角窓と丸窓がある

 <庭園>
 書院の東側にある広い苔地の庭園
 庭石の2つは、東山七条にあった豊臣秀吉が建立した大仏殿の礎石といわれる
 北西の角には、丸い手水鉢が置かれている

 <客殿>

 <庫裡>
 山門の正面に建っている

 <鐘楼>
 山門を潜り左手にある

 <鎮守社>
 山門を潜り左手にある



【雲龍院の寺宝】

 <薬師三尊像>
 本尊の薬師如来坐像と、脇待の日光菩薩立像・月光菩薩立像
 鎌倉時代の作
 薬師如来は「瑠璃光王」や」大医王尊」などとも称され、病気平癒など現世利益として信仰されている
 西国薬師如来四十番霊場

 <絹本着色 後円融院宸影(ごえんゆういんしんえい)(重要文化財)>
 1499年(皇紀2159)明応8年
 土佐光信の筆
 後土御門天皇宸翰の勅賛がある

 <法華経(開結共)10巻(重要文化財)>
 巻八に後奈良天皇宸翰の跋がある
 泉涌寺と雲龍院との共有

 <走る大黒天尊像>
 庫裏の台所に安置されている大黒天
 「俵の上に乗り長者姿で笑っている」姿ではなく、大きな袋を背負い、わらじ履きで、左足を一歩踏み出している
 鎌倉時代の作

 <書「龍淵」>
 大石良雄(大石内蔵助)の筆

 <星供の九曜星本尊9体>
 空海が日本に持ち帰った占星術「星供(ほしく)(星まつり)」による本尊
 全ての人は、予め定められた星に属して生まれており、一年の災いを除くために、その星を一年の始まりの節目である節分に奉る
 星供の九曜星ごとの本尊の9体が祀られている

 <襖絵「双龍風雷図」14面>
 本堂 龍華殿にある雲龍図の襖絵
 水墨作家 堂野夢水の作



【雲龍院の祭事】

 <泉山(せんざん)七福神巡り>
 1月成人の日
 泉涌寺山内の塔頭七福神が祀られていている
 あずきがゆ、こぶ茶、甘酒などがもてなされる
 5番 雲龍院の大黒天

 <如周僧正法要>
 2月18日
 中興の祖 如周僧正法要と御献茶式

 <奉納写経会法要>
 4月27日
 一年間に寄せられた写経を、後円融天皇御分骨所に納経される法要

 <開山忌法要>
 6月27日
 開山 竹厳聖皐上人の御威徳を偲び法要が行われる

 <薬師御用納め(ひと文字写経奉納)>
 12月23日
 今年一年の無事御礼と新年の無病息災を本尊薬師如来に願い、ひと文字写経にて一年を修める


【その他】

 <拾遺都名所図会>
 1787年(皇紀2447)天明7年の刊行
 雲龍院について、「泉涌寺の塔中なり、泉涌水の上にあり。仏殿の本尊薬師仏、坐像二尺五寸。
後光厳院、後円融院二帝の宸影を安置す。又同所後山に後光厳院、後円融院、後小松院の三陵あり。
当院は泉涌寺より古来の塔頭なり。開基は竹厳律師」と記されている

【雲龍院へのアクセス】

 市バス 泉涌寺道 東へ徒歩約15分
 JR奈良線 東福寺駅 徒歩約20分
 京阪電車 東福寺駅 徒歩約20分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク