等観院(とうかんいん)(ToukanIn)

所在地:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町   地図情報

臨済宗大本山天龍寺塔頭の一つ

本尊:十一面観世音菩薩

開基:管領 細川満元

開山:徳叟周佐

 等観院(とうかんいん)は、嵐山にある臨済宗大本山天龍寺塔頭

 天龍寺の勅使門の南西にある

【等観院の歴史・経緯】

【等観院の伽藍】

 <本堂>
 本尊の十一面観世音菩薩像が祀られている

 <聖観世音菩薩像>

【等観院の寺宝】

 <十一面観世音菩薩像>
 本堂の本尊
 人々を救済する力を頭の上の11の顔で表したといわれる

【その他】

 <開山 徳叟禅師>
 南北朝時代から室町時代臨済宗の僧
 常陸生まれ
 夢窓疎石に師事しその法嗣
 天龍寺第20世
 南禅寺正因庵に退隠する
 後小松天皇から諡号「宗猷達悟禅師徳叟周佐大和尚」を賜る

 <「等観」の意味>
 仏教語として、2つの意味がある
 正しく繰り返し観察し「ものごとを見極める」という意味
 何ごとも等しいものとみて「差別をしない」という意味

【等観院へのアクセス】

 市バス/京都バス 京福電車嵐山駅前 徒歩すぐ
 京福電車 嵐山駅 徒歩約5分
 JR山陰本線(嵯峨野線) 嵯峨嵐山駅 徒歩約10分
 阪急電車 嵐山駅 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク