東海庵(とうかいあん)(ToukaiAn)

所在地:京都市右京区花園妙心寺町   地図情報

臨済宗妙心寺派の大本山妙心寺塔頭

開基:悟渓宗頓(ごけいそうとん)(妙心寺十一世)

 東海庵(とうかいあん)は、妙心寺四派本庵の一つ東海派の本庵



【東海庵の歴史・経緯】


【東海庵の伽藍】

 <書院>
 江戸時代初期の建築

 <東海一連の庭>
 書院西庭、方丈前庭、方丈坪庭
 それぞれ趣が違っている

 <書院西庭(国の史跡名勝)>
 座観式枯山水庭園
 蓬莱、方丈、瀛州の三神仙山一連を枯山水で表現したもの
 中心には、三尊石が据えられ蓬莱山を表す
 一文字手水鉢橋杭手水鉢が置かれている
 1814年(皇紀2474)文化11年
 東睦宗補(とうぼくそうほ)(紀州田辺の海蔵寺15世)の作庭

 <書院南庭>
 書院と方丈との間の壺庭
 白砂が敷かれ、大小7個の庭石が直線的に配される
 中央の小石から波動のような砂紋が拡がり、わずか7個の石と白砂で宇宙が表現されている

 <白露地の庭(はくろじのにわ)>
 方丈南庭の枯山水庭園
 一面に白砂が敷かれ、直線の砂紋が引かれ、
 雨落ちの中に棗形(なつめがた)手水鉢が置かれただけの庭園





【東海庵の寺宝】

 <瀟湘八景図(しょうしょうはっかいず)(重要文化財)>
 狩野元信(かのうもとのぶ)の水墨画

 <孝明天皇宸翰徽号勅書(しんかんきごうちょくしょ)(重要文化財)>

 <絹本著色 十六羅漢図(重要文化財)>
 中国 元時代のもの

 <花鳥図(かちょうず)(重要文化財)>
 陳子和(ちんしわ)の筆


【その他】

 <青衣の人>
 井上靖著
 東海庵が出てくる京都ゆかりの著書


【京都検定 第8回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク