正運寺(しょううんじ)(SyouunJi)

所在地:京都市中京区蛸薬師通大宮西入因幡町

浄土宗鎮西派の寺院

山号:

本尊:阿弥陀仏

開基:飯田直景(通称「覚兵衛」)

開山:深誉上人

洛陽三十三所観音巡礼第二十六番札所(十一面観音菩薩) 第二十七番札所へ

【正運寺の歴史・経緯】


【正運寺の伽藍】

 <観音堂>

【正運寺の寺宝】

 <十一面観音菩薩像>
 大和国の長谷寺の本尊と同木といわれる
 天明の大火のとき、火中の中で、厨子とともに焼け残ったもの
 仏師 運慶が、室内で輝く、一尺二寸ある観音菩薩を見つけ、当 正運寺に祀ったといわれる

【御詠歌】

 「ながらへば さとりもひらく しょうんぢ いのちやのりの たからなるらん」

【正運寺へのクセス】

 市バス 四条大宮 徒歩約5分
 阪急電車 大宮 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク