称念寺(しょうねんじ)猫寺(ねこでら)



所在地:京都市上京区寺ノ内浄福寺西入上ル西熊町   地図情報

浄土宗知恩院派の寺院

山号:本空山(ほんくうざん)

本尊:内仏来迎仏阿弥陀如来

創建:松平信吉(土浦城主)

開山:称念上人(捨世派(しゃせいは)の祖)

中興開山:獄誉上人(がくよしょうしん)

通称:猫寺(ねこでら)
 称念寺(しょうねんじ)は、土浦城主 松平信吉が、獄誉上人(がくよしょうしん)のために創建した寺院

 第三世 還誉上人が猫を可愛がり、愛猫の報恩伝説により「猫寺(ねこでら)」と称される

【称念寺の歴史・経緯】




【称念寺の伽藍】

 <観音堂>
 動物の法要を行うための専用の観音堂
 春秋の2回合同供養祭が行われる

 <愛犬・愛猫等の供養塔>
 1998年(皇紀2658)平成10年の建立

 <山門>
 1998年(皇紀2658)平成10年の再建

 <苔庭>
 苔庭を借景に霊園がある

【称念寺の寺宝】

 <内仏来迎仏阿弥陀像(ないぶつらいこうぶつあみだぞう)>
 本尊
 平安時代中期の高僧 恵心僧都(えしんそうず)の作といわれる

【その他】

 <愛猫の報恩伝説>
 第3世 還誉上人のころ、松平家と疎遠となり荒廃していたが、
 ある名月の夜、帰宅した還誉上人が、愛猫が美姫に化身して舞っていたのを見て追い出してしまう
 数日後、その愛猫が、還誉上人の夢枕に現れ、松平家との復縁を告げ、上人に報恩し、称念寺が再興したといわれる故事

 <老松>
 還誉上人が愛猫を偲んで植えた松
 枝が横に20mも伸び、猫が伏したさまに似ているといわれる

【称念寺へのアクセス】

 市バス 乾隆校前 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク