宗仙寺(そうせんじ)(SousenJi)



所在地:京都市下京区高倉通五条下ル堺町   地図情報

曹洞宗の寺院

山号:大平山

 宗仙寺(そうせんじ)は、平安時代源融が邸宅 六条河原院で塩焼をし、
貴族たちが詩歌や管弦を楽しんだ河原院跡の地に立つ小さな寺院

 江戸時代曹洞宗本山の永平寺に代わって宮中に参内することを許された「役寺(やくじ)」だった

 曹洞宗洛中三ヶ寺(宗仙寺・慈眼寺(じげんじ)・天寧寺(てんねいじ))の一つ

 有栖川宮家七代 韻仁親王の時、有栖川宮家御祈願所となる






【宗仙寺の伽藍】

 <書院>
 桃山時代の建築
 狩野永徳の筆の襖絵がある(現在は、京都国立博物館で保管)

 <籬井>
 河原院の庭の中の島である籬ノ島ゆかりの井戸といわれる
 井筒に「籬井」と刻まれている

 <ダ枳尼尊天社・大辨財尊天社>
 境内の西南に立つ
 もと源融の念持仏を祀ったものとされる

 <鳥樞慧魔明王>

 <墓地>
 江戸時代の宗学者 面山瑞方和尚(めんざんずいほうおしょう)の墳墓(ふんぼ)
 正法眼蔵開版の幹事 大愚俊量和尚(たいぐしゅんりゅうおしょう)のお墓

【宗仙寺へのアクセス】

 市バス 五条高倉 徒歩約3分
 市バス 烏丸六条 徒歩約5分
 地下鉄 五条駅 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク