宗堅寺(そうけんじ)(SoukenJi)

所在地:亀岡市西竪町   ちず丸地図情報

曹洞宗の寺院

山号:幸雲山

本尊:聖観音菩薩

亀山五ヶ寺の一つ(専念寺・大圓寺・寿仙庵・栖林庵(現在の聖隣寺)・長徳寺(現在の宗堅寺)

 宗堅寺(そうけんじ)は、亀岡市市街地南部の城下町の西竪町にある寺院

 福井県 永平寺・横浜 總持寺を大本山とする末寺

 亀山城城主 羽柴秀俊(小早川秀秋)が息子の菩提を弔うため毎年、米2石を寄進した亀山五ヶ寺の一つ

 亀山藩藩主 菅沼定芳が、亡き父親の菅沼定盈の菩提寺として改修する
 宗堅寺の西隣には、藩主 菅沼定芳の母親 嶺樹院殿が、先祖の菩提を弔うために創建した嶺樹院が並んである

【宗堅寺の歴史・経緯】

 開山・開基などは不詳

 戦国時代
 1489年(皇紀2149)延徳元年
 長徳寺として創建される

 1592年(皇紀2252)文禄元年
 亀山城城主 羽柴秀俊(小早川秀秋)が息子の菩提を弔うため毎年、米2石を寄進した亀山五ヶ寺の一つとされる

 1621年(皇紀2281)元和7年頃
 亀山藩藩主 大給松平成重が、夫人の久松寺殿椿岳宗寿大姉(きゅうしょうじでんちんがくそうじゅだいし)の菩提寺として改修して、
久松寺と改称される

 1635年(皇紀2295)寛永12年
 亀山藩藩主 菅沼定芳が、亡き父親の菅沼定盈(さだみつ)の菩提寺として改修し、
菅沼定盈の戒名の勝徳院殿翁宗堅大居士(しょうとくいんでんちょうおうそうけんだいこじ)から宗堅寺と改称される

 明治時代初期
 大火により、寺宝や古文書のほとんどを焼失し、創建当寺の開山・開基などが不詳となる



【宗堅寺の伽藍】

 <本堂>
 本尊の聖観音菩薩立像が祀られている

 <客殿>
 薬師如来坐像が祀られている

 <亀山城惣堀跡(御土居)(亀岡市指定史跡)>
 亀山城の南側の城下町を防御するために、三重目の堀として惣堀(そうぼり)を巡らされて堅牢な城構えとなっている
 惣堀は、豊臣秀吉の代官であった北条氏勝のときに造営されたもの
 御土居は、惣堀の造営にあたって、掘り上げられた土を内側に土手状に高く盛り上げたもの

 御土居の上には、亀山藩藩主 菅沼定芳が、息子 定昭(さだあきら)が若くして亡くなり跡継ぎがいなく改易になった、
菅沼定芳・定昭親子と殉死した3名の家臣と乳母のお墓がある


 <墓地>
 亀山藩藩士で勤皇志士 奥平小太郎のお墓がある
 勤皇志士 梁川星巌(やながわせいがん)や頼三樹三郎(らいみきさぶろう)らと交遊し活躍した
 1859年(皇紀2519)安政6年、安政の大獄に連座して拘禁される
 1860年(皇紀2520)万延元年、藩獄の中で、27歳の若さで亡くなる


 <百日紅の見どころ>


【宗堅寺の寺宝】

 <如意輪観音菩薩坐像(京都府指定文化財)>
 宝物庫の須弥壇に安置されており、ガラス戸越しに拝観できる
 像高125cm
 1298年(皇紀1958)永仁6年、慶派安阿流(あんあみゅう)法橋 賢清の作
 宗堅寺の隠居寺だった篠町浄法寺にあった妙楽寺の本尊で、傍の小池から現れたといわれる霊像
 諸病の平癒にご利益があるといわれる


 <乳薬師>
 客殿に祀られている薬師如来坐像
 法界寺の日野薬師と同木同作といわれる
 平安時代後期の作、像高75cm

 「乳薬師」と称されて、授乳・安産・子授けなど婦人の祈願にご利益があるとされる

【宗堅寺へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅から徒歩約15分

 コミュニティバス 西竪町からすぐ

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク