青龍寺(せいりゅうじ)(SeiryuuJi)

所在地:京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル三丁目南町

浄土宗の寺院

山号:

本尊:聖観世音菩薩

開基:桓武天皇

通称:伽羅観さん(きゃらかんさん)

洛陽三十三所観音巡礼第九番札所(聖観世音菩薩) 第十番札所へ

【青龍寺の経緯】


【青龍寺の寺宝】

 <聖観世音菩薩>
 本尊
 中国 唐の徳宗皇帝より、桓武天皇に献上された香木伽羅の霊木を、桓武天皇の勅命により伝教大師 最澄が彫刻したもの
 「伽羅観」と称される
 洛陽三十三所観音巡礼第九番札所
 香木伽羅は、中国 唐で天変地異が起こり、海中から引き上げられたもの
 その夜、徳宗皇帝の夢枕に観音様が現われ、
 「信心深い唐と、東の国の人々を救済するために身を分かち香木として現われた。すぐに日本に送るべし」と
告げられたといわれる

 <念仏石>
 800年ほど前に、落下してきた大小2個の隕石
 叩くと「キーン」と金属性の澄んだきれいな音がする
 後白河法皇回顧のため、法然上人が鉦の代わりにたたいたといわれるもの
 法然上人や見仏などは、この石を叩いて六時礼賛の修行をしたといわれる
 小石は本堂に、大きい石は本堂前の庭に安置されている

【御詠歌】

 「ありがたや まよいのくもは おこるまじ せいりゅうじより かへるさのみち」

【青龍寺へのアクセス】

 市バス 東山安井、清水道 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク