三時知恩寺(さんじちおんじ)(SanjiChionJi)

所在地:京都市上京区新町上立売下ル上立売町   地図情報

浄土宗尼門跡寺院

本尊:阿弥陀如来

開基:見子内親王(後光厳天皇皇女)

開山:覚窓性仙禅尼(がくそうせいざんぜんに)(足利義満の娘)

通称:入江御所

 三時知恩寺(さんじちおんじ)は、浄土宗尼門跡寺院

 一条西洞院にあった北朝3代 崇光天皇の御所「入江殿」を寺院にされたもので「入江御所」と称される

【三時知恩寺の歴史・経緯】


【三時知恩寺の伽藍】

 1788年(皇紀2448)天明8年
 天明の大火で堂宇が焼失

 桃園天皇皇女 御恭礼門院の旧殿を下賜され、現在の堂宇が再建される


【三時知恩寺の寺宝】

 <絹本着色 近衛予楽院像(近衛家熙像)(重要文化財)>

 <束帯雛(そくたいびな)>
 男雛は、束帯、女雛は、裳唐衣姿の有職雛
 黒地輪無唐草文綾の束帯から、四位以上の身分を表している
 表情が豊かで、有職雛でも珍しいもの
 江戸時代中期
 桜町天皇か、桃園天皇からの拝領品といわれる

 <幽霊画>
 円山応挙の筆の襖絵

 <六曲一双屏風 花鳥図>
 狩野永納の代表作の一つ

 <手水手腹掛童子>
 近衛内前(このえうちさき)の娘 康君(やすぎみ)の御所人形

【三時知恩寺へのアクセス】

 地下鉄 烏丸線 今出川駅 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク