西福寺(さいふくじ)(SaifukuJi)

所在地:京都市東山区松原通大和大路東入二丁目轆轤町   地図情報

浄土宗の寺院

山号:桂光山
院号:敬信院

本尊:阿弥陀如来坐像

開基:蓮性和尚

 西福寺(さいふくじ)は、東山にある浄土宗の寺院

 轆轤町(ろくろちょう)付近は、かつての葬送地 鳥辺野の入口に当たり、葬送地に送られる亡骸の無常所になっていた

 あの世とこの世の境とされる六道の辻周辺には、かつて6つの仏堂があり、現在3つ残るその一つとされる

【西福寺の歴史・経緯】

【西福寺の伽藍】

 <子育地蔵>
 子供の健康や病平癒に効くといわれる

【西福寺の寺宝】

 <地蔵菩薩像>
 平安時代の作
 嵯峨天皇の皇后 檀林皇后もしばしば参詣されたといわれる

 <六道絵>
 第52代 嵯峨天皇の皇后 橘嘉智子(壇林皇后)を描いたといわれる江戸時代初期の「檀林皇后九相図」
 美貌で知られた檀林皇后の、生前の姿から肉体が朽ち果て土に還るまでの姿を9つの段階に分けて描いたもの
 生前、空海に帰依し、この地蔵堂を度々訪れていたといわれる
 埋葬時には、壇林皇后の帷子が宙を舞い、帷子ノ辻へ向かったといわれる

 <地獄絵図>
 六道十界図

 <洛中洛外図屏風>
 江戸時代の作

 <熊野観心十戒図>

【西福寺の祭事】

 <六道まいり
 あの世とこの世の境といわれており、盂蘭盆に先立って六道まいりが行われる

 <熊野観心十界図 地獄絵絵解き>
 熊野観心十戒図を用いた住職による地獄絵絵解きが行われていた
 2006年(皇紀2666)平成18年
 京都造形芸術大学教授 関本徹生の依頼により、関西学院大学教授 西山克の協力により絵解きが復活された
 以後、京都造形芸術大学 学生プロジェクトにより絵解きが主催されている

【西福寺へのアクセス】

 市バス 五条坂 徒歩約9分
 京阪電車 清水五条駅 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク