良正院(りょうしょういん)(RyousyouIn)


所在地:京都市東山区林下町   地図情報

浄土宗総本山知恩院塔頭

開基:宗把和尚

 良正院(りょうしょういん)は、徳川家康の娘 とく姫「良正院」の追善のために創建される

【良正院の歴史・経緯】


【良正院の伽藍】

 <本堂(重要文化財)>
 鶯張りの廊下
 金箔襖絵は「三益」といわれる
 「竹の間」において、勤王の志士 奥田萬次郎が自刃した

 <表門(重要文化財)>

 <歌碑「戦友」>
 門前に立つ
 戦前戦後に広く歌われた「戦友」の冒頭部分「こゝはお国を何百里」が刻まれている
 作詞者の真下飛泉が、晩年、近くに暮らしたことを偲ぶもの
 高さ2.7m、幅0.9m
 1927年(皇紀2587)昭和2年
 真下飛泉が亡くなった年、京都府師範学校付属小の教え子1824人により建てられた
 文字は、「肉弾」などの著者 桜井忠温のもの

【良正院へのアクセス】

 市バス 知恩院前 徒歩数分
 京阪電車 四条あるいは三条 徒歩約15分
 地下鉄 東西線 東山 徒歩約15分
 阪急電車 四条河原町 徒歩約20分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク