龍泉庵(りょうせんあん)(RyousenAn)

所在地:京都市右京区花園妙心寺町   地図情報

臨済宗妙心寺派の妙心寺塔頭

開基:細川政元

開山:景川宗隆(けいせんそうりゅう)

中興の祖:嶺南祟六(れいなんすうろく)


 龍泉庵(りょうせんあん)は、花園の妙心寺の境内の南門付近にある妙心寺塔頭

 塔頭の中でも寺格の高い妙心寺四派四本庵の一つ

 妙心寺の創建当時から立てられ、塔頭の方丈としては最大級の規模を持つ

【龍泉庵の歴史・経緯】

【龍泉庵の伽藍】

 開山 景川禅師の跡を継いだ景堂玄(けいどうげんたつ)により、微笑庵の建物を移して整備されたといわれる

 <表門>
 一間一戸、薬医門、切妻造、本瓦葺
 1664年(皇紀2324)寛文4年の建立

 <玄関>
 入母屋造、軒唐破風付

 <方丈(客殿)>
 山内最大の建物
 南面し、六間取方丈形式、桁行25.99m、梁行14.9m、入母屋造
 中央の室中(桁行4間、梁行3間半)、その奥に仏間、室中左右に脇室、それぞれの側面に入側縁、正面に広縁を廻している
 昭堂形式の仏間、中央の亨堂(きょうどう)に開山を安置する
 両脇に仏壇がある
 南面の三室は折り上げ天井を共有し、室境に竹の節欄間がある
 1848年(皇紀2508)嘉永元年の建立

 <方丈南庭>
 白砂に苔、七五三の石が組まれている枯山水庭園
 梅・楓の植栽があり、塀外の樹林も借景になっている

 <書院>
 桁行13.8m、梁行7m、入母屋造、妻入、桟瓦葺
 6室あり、東北の主座敷に床と棚、付書院、露地庭がある
 1653年(皇紀2313)承応2年の建立

 <庫裡>
 桁行13m、梁行19.1m、切妻造、妻入、本瓦葺
 1796年(皇紀2456)寛政8年の建立

 <鐘楼>
 1間1間、袴腰、切妻造、本瓦葺
 寛永年間(1624年〜1644年)の建立

 <花園太上法皇仙洞之遺蹟の石標>

【龍泉庵の寺宝】

 <方丈障壁画>
 1999年(皇紀2659)平成11年
 開祖五百年遠諱にあわせて京都市生まれの日本画家 由里本出(ゆりもといずる)により100面におよぶ障壁画が描かれた

  <種々東漸之間>
  種々東漸図(しゅじゅとうぜんず)
  越前海岸を描き、仏教が西から東へ伝来する様を表わされている

  <霊峰四季之間>
  <水到渠成之間>
  <樹下寂静之間>
  <黎明開悟之間>


 <紙本墨画 枯木猿猴図(こぼくえんこうず)(重要文化財)>
 長谷川等伯の筆
 かつては六曲一双あり、後に、掛幅に改装された
 傾斜した松の枝に親子の手長猿がぶら下がっており、父猿は斜めの枝に片手だけを預け「腕切りの猿(腕切猿)」と称される
 加賀藩主 前田利長の遺愛といわれ、枕子屏風として寝室に飾られていた
 だが、夜な夜な睡眠中に、猿が手を伸ばし、利永の髪を掴もうと眠りを妨げたといわれ、
 このため、利長は猿の手を斬り落としたといわれる
 大徳寺龍源院牧谿の筆「猿猴図(国宝)」の影響を受けたといわれる作品
 京都国立博物館へ寄託


 <観音・龍虎図>
 狩野探幽の筆

 <古木猿猴図(こぼくえんこうず)(重要文化財)>
 方丈襖絵
 長谷川等伯の代表的作品

 <秋山出屋図(しゅうざんしゅつおくず)>
 谷文晁(たにぶんちょう)の筆

 <達磨像>
 作者不詳、桃山時代の作

 <細川勝元書状>
 <雪江宗深筆「敷地付属状」>
 <特芳禅傑筆「禮大亀塔偈」>
 <悟渓宗頓筆「棹景川法兄偈」>
 <景川宗隆筆「遺偈」>
 <景川宗隆筆「高安道号」>
 <頂相の「景川禅師像」「柏庭禅師像」>

【その他】

 <「禅は景川」>
 「後御堂法坂 雪霜十六年(うしろみどうほうさか ゆきしもじゅうろくねん)」と、開祖 景川禅師の修行ぶりが伝えられている
 法坂は、妙心寺開山堂の東 龍安寺に向かって登る道があり、その途中に地蔵堂があり「後御堂」と称されていた
 景川禅師は、その道のりを16年の間、雪の日も霜の日も龍安寺の師匠のもとへ通われたといい、
 「禅は景川」と称賛される

 妙心寺10世 景川宗隆(けいせんそうりゅう)は、室町時代、伊勢に生まれた臨済宗の僧
 雲谷玄祥(うんこくげんしょう)、義天玄詔(ぎてんげんしょう)、桃隠玄朔(とういんげんさく)らに師事した
 伊勢 大樹寺の桃隠、龍安寺の雪江宗深(せっこうそうしん)の法を嗣ぐ
 大徳寺妙心寺龍安寺、犬山 瑞泉寺、丹波 竜興寺の住持を歴任し
 大和 興雲寺、伊勢 瑞応寺、妙心寺大心院を開山する
 大心院で亡くなる


 <四派四本庵(しはしほんあん)>
 室町時代塔頭の龍泉庵、東海庵聖澤院霊雲院が創建される
 雪江宗深の法嗣から、四派の景川宗隆(龍泉派)、悟渓宗頓(東海派)、特芳禅傑(霊雲派)、東陽英朝(聖澤派)が出る
 これにより、四派四本庵による運営体制が確立し、この四派により、一山の全権が掌握され、住持も決定された
 雪江宗深は、この4人を評価して「禅は景川、徳(福)は悟渓、寿(頌)は特芳、才は東陽」とした

【龍泉庵へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 花園 徒歩約5分
 市バス・京都バス 妙心寺前 徒歩約3分
 京福電車 妙心寺 徒歩約3分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク