龍泉庵(りょうせんあん)(RyousenAn)



所在地:京都市右京区花園妙心寺町   地図情報

臨済宗妙心寺派の大本山妙心寺塔頭

開基:景川宗隆

 龍泉庵(りょうせんあん)は、妙心寺の南門付近に立つ塔頭

 妙心寺の創建当時から立てられた妙心寺四派の一つで、龍泉派の本庵

 妙心寺塔頭の方丈としては最大級の規模を持つ

【龍泉庵の経緯】


【龍泉庵の伽藍】

 <方丈枯山水庭園>

【龍泉庵の寺宝】

 <方丈襖絵>
 1999年(皇紀2659)平成11年
 開祖五百年遠諱(おんき)にあわせ、日本画家 由里本出(ゆりもといづる)により描かれる
 室中の間は「越前海岸」、東の間は「水」、西の間は「山岳」が描かれている

 <古木猿猴図(こぼくえんこうず)(重要文化財)>
 方丈襖絵
 長谷川等伯の代表的作品
 大徳寺龍源院牧谿の筆「猿猴図(国宝)」の影響を受けたといわれる作品

【龍泉庵へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 花園駅 徒歩約5分
 市バス・京都バス 妙心寺前 徒歩約3分
 京福電車 妙心寺 徒歩約3分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク