龍光院(りょうこういん)(RyoukouIn)

所在地:京都市北区紫野大徳寺町   地図情報

臨済宗大徳寺派の大徳寺塔頭

創建:黒田長政

勧請開山:春屋宗園(しょんおくそうえん)

 龍光院(りょうこういん)は、大徳寺の南西の総門から2つめにある塔頭の一つ

【龍光院の歴史・経緯】


【龍光院の伽藍】

 <書院(国宝)>
 江戸時代初期の建立
 寄棟造り・柿葺

 <茶室 密庵国宝
 書院の北西隅にある四畳半台目茶室
 小堀遠州の作といわれる
 元は独立した建物だったといわれる
 西側の縁側境を明障子、南側の十畳間との境を襖で仕切り、東北側に手前座、北側壁の西寄りに床の間がある
 床、付書院、違い棚、張付壁がある書院造の様式
 床の間とは別に、手前座の南側に奥行の浅い床の間があり「密庵床(みったんどこ)」と称される
 密庵床は、密庵禅師の墨蹟を掛けるために造られたといわれる専用の書院床(付書院がある床)

 <本堂(重要文化財)>
 書院の西に建つ
 寄棟造・檜皮葺
 1649年(皇紀2309)慶安2年の建立

 <盤桓廊(ばんかんろう)(重要文化財)>
 本堂と書院の間の南方に位置する廊下
 1649年(皇紀2309)慶安2年
 本堂と同じ時期に建立される

 <兜門(重要文化財)>
 龍光院の表門
 檜皮葺の平唐門

【龍光院の寺宝】

 <密庵咸傑墨蹟(みったんかんけつこくせき)(附 千利休消息)(国宝)
 中国 宋代の禅僧 密庵咸傑(みったんかんけつ)の現存唯一の墨蹟とされる
 「墨蹟」は、禅宗高僧の筆跡を指すもの
 茶室 密庵に、この一幅のみを飾るために創られた密庵床(みったんどこ)がある
 附指定の利休の添状は墨蹟とともに伝来してきたものといわれる

 <竺仙梵僊墨蹟(じくせんぼんせんこくせき)(国宝)>
 中国 元の禅僧 竺仙梵僊(じくせんぼんせん)の墨蹟
 竺仙梵僊は、約20年間にわたり日本禅林の振興に尽力し、後の五山文学の基礎を築いた
 現存する竺仙梵僊の墨蹟の中でも大字・大幅であり、代表作とされる

 <大覚禅師筆金剛経(国宝)>
 大覚禅師 蘭溪道隆の自筆とされる
 金剛経は、鳩摩羅什(くまらじゅう)が漢訳した金剛般若羅蜜経のこと

 <耀変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)(国宝)
 中国 南宋時代の福建省の建窯で創られたもの
 曜変天目茶碗は、黒釉の表面に大小の斑紋が現れ、虹のようにきらめくもの
 曜変天目の遺品はきわめて稀少で、日本にのみ、3、4碗だけが残されているといわれる

 <紙本墨画淡彩「琴棋図屏風」六曲一隻(重要文化財)>
 如拙の作品といわれている

【龍光院へのアクセス】

 市バス 大徳寺前 徒歩約5分


【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第12回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク