嶺樹院(れいじゅいん)(ReijyuIn)

所在地:亀岡市西竪町   ちず丸地図情報

曹洞宗の寺院

山号:大亀山

本尊:釈迦如来

開基:嶺樹院殿

 嶺樹院(れいじゅいん)は、亀岡市市街地南部の城下町の西竪町にある寺院

 亀山藩藩主 菅沼定芳の母親 嶺樹院殿が、先祖の菩提を弔うために、亀山城の御土居の内側に開創されたといわれる

 嶺樹院の東隣には、藩主 菅沼定芳の父親の菅沼定盈の菩提寺である宗堅寺が並んでいる

 嶺樹院の背後に、亀山城の御土居の一部が現在も残され、亀岡市の史跡に指定されている

【嶺樹院の歴史・経緯】

 江戸時代初期
 1634年(皇紀2294)寛永11年
 菅沼定芳が、近江膳所藩主から亀山藩藩主として移る

 藩主 菅沼定芳の母親 嶺樹院殿が、先祖の菩提を弔うために、亀山城の御土居の内側に開創される
 寺名は、母親の戒名である嶺樹院殿恵光惣智大姉(れいじゅいんでんえこうそうちだいし)から、嶺樹院と名付けられる

 1643年(皇紀2303)寛永20年
 菅沼定芳の嫡男 菅沼定昭が継ぐ

 1647年(皇紀2307)正保4年
 菅沼定昭が、若くして亡くなり、菅沼氏は改易される


【嶺樹院の伽藍】

 <本堂>

 <御土居(亀山城惣構跡)(亀岡市指定史跡)>

【嶺樹院の寺宝】

 <達磨半身図>
 中国の壁眉(へきび)あるいは顔輝(がんき)の筆といわれる
 亀山藩藩主 菅沼定芳の宝物
 毎年11月15日頃に、達磨半身図が掛けられ、達磨大師の恩徳に報いる達磨忌が行われる

【嶺樹院へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅から徒歩約15分

 コミュニティバス 西竪町からすぐ

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク