霊源寺(れいげんじ)(ReigenJi)

正式名称:霊源皇寺

所在地:京都市北区西賀茂北今原町   地図情報

臨済宗の単立寺院

山号:清凉山

本尊:釈迦如来像

開基:後水尾上皇

開山:仏頂国師(一絲文守)(いっしぶんしゅ)

 霊源寺(れいげんじ)は、西賀茂の、五山の送り火の船形山の東麓にある寺院

 開山の仏頂国師は、公家の岩倉家の祖となった岩倉具堯の第3子であり、岩倉家の菩提寺ともなる

 幕末維新には、尊皇攘夷派から非難され蟄居処分となった岩倉具視が潜伏した

 春は躑躅(ツツジ)の名所

【霊源寺の歴史・経緯】

【霊源寺の伽藍】

 <仏殿>
 本尊 釈迦如来像、後水尾上皇像、開山仏頂国師像などが安置されている
 単層、寄棟造、桟瓦葺
 京都御所の清涼殿の用材を賜って用いられている

 「都名所図会」によると、本尊は日護上人作であり、脇檀に後水尾院像、開山像が安置されたといわれる

 <岩倉具視公旧蹟の碑>

 <具視の歯牙塚(しがつか)

 <岩倉尚具、岩倉家歴代のお墓>

 <映画監督 三隅研次のお墓>

 <庫裏「透静庵」(Glass Templ)>
 江戸時代には池があったという、白い玉砂利が敷き詰められた庭から地下に続く階段の下にある
 RC造、屋根部分はS造、地階2階
 地表には、ガラス張りの箱だけが姿を見せている
 天井がガラス張り、床も壁も全面が白壁というアート空間
 光はこのガラス張りの天井からのみ差し込む
 「白美の空間」「光の受容器」などとも称されている
 1998年(皇紀2658)平成10年に、建築家の山口隆氏設計により建てられる
 2001年(皇紀2661)平成13年「ベネディクタス国際建築賞」大賞を受賞

 <躑躅(ツツジ)
 山門を入ると、躑躅(ツツジ)が多く植えられた小さな庭園がある

 <土塀>
 5本線が引かれており皇室との関係が表わされている

【霊源寺の寺宝】

 <後水尾院の画像>
 <後水尾院の宸翰>
 <一絲文守頂相>
 <一絲文守墨跡>

【霊源寺へのアクセス】

 市バス 神光院前 徒歩約10分


【京都検定 第14回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク