黄梅院(おうばいいん)(OubaiIn)

所在地:京都市北区紫野大徳寺町

臨済宗大本山 大徳寺の塔頭

開基:春林宗俶禅師(しゅんりんそうしゅくぜんし)

 黄梅院(おうばいいん)は、紫野にある大徳寺塔頭の一つ

 織田信長豊臣秀吉の寄進を受けて改築され、その後、毛利家の菩提寺となる

【黄梅院の歴史・経緯】


【黄梅院の伽藍】

 <本堂(重要文化財)>
 1586年(皇紀2246)天正14年
 豊臣秀吉の援助により建立される
 入母屋造本瓦葺の建物で、禅宗特有の特徴がよくみられる
 昭和52年(1977年)
 約400年ぶりに解体修理が行われた

 <書院 自休軒(じきゅうけん)>
 大徳寺開基の大燈国師の遺墨「自休」を扁額にかけられ、「自休軒」と称される
 茶室 昨夢軒(さくむけん)は、4畳半で、武野紹鴎

 <庫裏(重要文化財)>
 1589年(皇紀2249)天正17年
 毛利元就の子 小早川隆景の寄進によって建立される
 切妻造板葺の建物
 日本で現存する最古の禅宗寺院の庫裏

 <唐門(重要文化財)>
 本堂と同時期に、豊臣秀吉により建立される

 <表門>
 庫裏と同じく小早川隆景により建立される
 2005年(皇紀2665)平成17年
 修理が行われた

 <鐘楼>
 1592年(皇紀2252)天正20年
 加藤清正により寄進されたもの
 朝鮮伝来のものといわれる

 <直中庭(じきちゅうてい)>
 千利休の62歳の時の作
 苔一面の枯山水庭園
 豊臣秀吉の希望により、瓢箪型の枯池を手前に配し、加藤清正が持ち帰った朝鮮灯籠が据えられている

 <破頭庭(はとうてい)>
 本堂の前庭
 桂石が白砂と苔を直線で分け、二つの岩があるだけの簡潔で明快な枯山水庭園
 天正年間(1573年〜1592年)の作といわれる

 <作仏庭(さくぶつてい)>
 本堂の北裏側にある庭
 生々流転(せいせいるてん)が表現されている

【黄梅院の寺宝】

 <襖絵四十四面(重要文化財)>
 本堂の内部の水墨画の襖絵
 雪舟の画風を継承した毛利家 御用絵師である雲谷等顔(うんこくとうがん)の筆
 室中の「竹林七賢図」
 檀那の間の「西湖図」など44面が残る

【アクセス】

 市バス 大徳寺前 徒歩すぐ

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク