南禅院(なんぜんいん)(NanzenIn)

所在地:京都市左京区南禅寺福地町   地図情報

臨済宗南禅寺派大本山南禅寺塔頭別院

開基:亀山上皇

中興の祖:桂昌院


 南禅院(なんぜんいん)は、南禅寺の発祥地といわれる

 門前には、琵琶湖疏水水路閣が通る

【南禅院の歴史・経緯】


【南禅院の伽藍】

 <方丈
 総桧、入入母屋造、柿葺
 1703年(皇紀2363)元禄16年
 桂昌院(徳川綱吉の母親)によって再建されたもの
 内陣中央に、亀山法皇御木造(重要文化財)が安置されている
 襖絵は、狩野養朴と、その子 如川隋川による水墨画

 <庭園(国の史跡国の名勝
 亀山法皇が、自ら作庭したといわれ、夢窓疎石の手で完成された
 心字池(しんじいけ)を中心として、周囲が深い樹林で包まれた池泉回遊式庭園
 京都の三名勝史跡庭園の一つといわれる
 京都で唯一の鎌倉時代の名園
 方丈の西は、苔の庭
 方丈の南には、曹源池が広がり、竜の形に作られ中央に蓬莱島がある
 左の奥に滝口の石組みが組まれ、石組みから滝壺に落ちる水音が庭園に響きわたる
 造園当初に、吉野の桜、難波の葦、龍田の楓などが移植される
 背後の東山が借景となっている
 足利義持が北山殿の寝殿を移築したときに、池や敷地が縮小される
 応仁の乱で焼失荒廃する
 新緑と紅葉の名所

 <御霊殿>
 亀山法皇の坐像(重要文化財)が安置される
 襖絵は、狩野養朴の筆

 <亀山法皇廟所(宮内庁所管)>
 庭園の東南隅に建つ廟
 亀山法皇の遺言により分骨された遺骨が埋葬されている

【南禅院の寺宝】

 <亀山法皇坐像(重要文化財)>
 亀山法皇の肖像彫刻
 現存する天皇の肖像彫刻としては最古のもの

 <一山一寧坐像(いちざんいちねいざぞう)(重要文化財)>
 一山一寧の頂相彫刻
 一山一寧は、中国 元の皇帝の使節として来日し、鎌倉の建長寺、円覚寺を経て南禅寺の第三世住持となった

【南禅院へのアクセス】

 市バス 法勝寺町、あるいは、南禅寺永観堂 徒歩約10分
 地下鉄 東西線 蹴上駅 徒歩

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク