光雲寺(こううんじ)(KouunJi)

所在地:京都市左京区南禅寺北ノ坊町   地図情報

臨済宗南禅寺派大本山南禅寺境外塔頭

山号:霊芝山(れいしざん)

本尊:釈迦如来

開山:大明国師 無関普門(後の南禅寺開山)

中興の祖:英中玄賢禅師(南禅寺第100代住持)

別称:南禅寺北ノ坊

 光雲寺(こううんじ)は、哲学の道の近くにある南禅寺境外塔頭

 二代将軍 徳川秀忠と江(ごう)の娘で後水尾天皇の中宮となった東福門院 和子の尽力で、菩提寺として再興される

 歴代皇室の尊崇も篤く、久邇宮家(くにのみやけ)の菩提所となっている



【光雲寺の歴史・経緯】


【光雲寺の伽藍】

 移転当時は、境内には七堂伽藍が建立された広大なものであったが、火災や、明治時代の廃仏毀釈の影響で縮小された

 <仏殿>
 創建当時のもの
 本堂と禅堂とを兼ねている
 須弥壇上には、本尊の釈迦如来、左右に阿難(あなん)・迦葉(かしょう)の二尊者像が安置されている

 <鐘楼と鐘>
 明正天皇の寄進によるもの

 <書院南庭>
 琵琶湖疏水の水を引き、若王子山を借景とした池泉回遊式庭園
 1927年(皇紀2587)昭和2年
 昭和時代初期に、七代目小川治兵衛により手が加えられている

 <碼碯手洗鉢(めのうちょうずばち)>
 書院南庭の東北隅にある手水鉢
 1592年(皇紀2252)文禄元年、加藤清正により朝鮮から伝わったもの
 その後、徳川家のものとなり、さらに、東福門院により一文字手水と一緒に寄進された
 「都林泉名勝図会」にも描かれている

 <お墓>
 光雲寺の背後に、後水尾天皇々女顕子内親王のお墓がある
 門前北に、久邇宮家のお墓がある



【光雲寺の寺宝】

 <釈迦如来坐像
 本尊
 東福門院から賜ったもの

 <聖観音菩薩像(しょうかんのんぞう)>
 東福門院の念持仏
 運慶の作といわれる
 長年秘仏とされてきていた

 <木造 東福門院坐像(京都市指定文化財)>
 東福門院の死後すぐに造られたもの

 <金銅 仏舎利塔(ぶっしゃりとう)(京都市指定文化財)>
 東福門院念持のもので、と葵の御紋が刻まれている


【光雲寺へのアクセス】

 市バス 東天王町 より徒歩約5分

 南禅寺より北へ徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク