興正寺(こうしょうじ)(KousyouJi)


所在地:京都市下京区醒ヶ井通七条上ル花園町   地図情報

浄土真宗の真宗興正派の本山

山号:円頓山(えんとんざん)

本尊:阿弥陀如来

創建:経豪(きょうごう)

開山:親鸞聖人

浄土真宗五門跡の一つ

 興正寺(こうしょうじ)は、西本願寺の南隣に建つ寺院

 越後に配流されていた宗祖 親鸞聖人が、京都に帰り山科に真宗開闢の根本道場の興隆正法寺(現在の佛光寺)を
創建したのが由来

【興正寺の歴史・経緯】



【興正寺の伽藍】

 <阿弥陀堂>
 中央に阿弥陀如来像、左右に七高僧、聖徳太子の御影が安置されている
 1915年(皇紀2575)大正4年の再建

 <御影堂(ごえいどう)>
 中央に親鸞聖人の四十歳の姿を刻した真影が安置されている
 幅33m、奥行き41m、高さ28m
 1912年(皇紀2572)明治45年の再建

 <鐘楼>
 1774年(皇紀2434)安永3年
 桃園天皇の供養のため、皇太后 恭礼門院から、梵鐘と共に寄進されたもの

 <経蔵>
 みかげ石の欄干が巡らされ、中には経典が納められている
 1848年(皇紀2508)嘉永元年の建立

 <表対面所>
 御影堂の西側にあり、報恩講ではお斎がいただける

 <三門>
 堀川通に面した南側の門

 <阿弥陀堂門>
 堀川通に面した北側の門

 <興正会館>
 研修施設や宿泊施設などがある



【興正寺の寺宝】

 <阿弥陀如来像>
 阿弥陀堂に安置されている本尊
 蓮教上人以来の、本山興正寺の本尊

 <親鸞聖人真影>
 御影堂に安置されている親鸞聖人の四十歳のお姿の真影

 <正信念佛偈>
 古典籍
 三帖和讃は写本としては、重要な資料となっている

 <蓮如上人御法語>
 蓮如上人の子 蓮誓の九男である顕誓が編集したものといわる

 <舎利容器>
 親鸞聖人の遺骨を仏舎利にみたて、火焔宝珠形(かえんほうじゅぎょう)の舎利容器に収めらている
 江戸時代初期
 親鸞聖人の遺骨が、興正寺に分骨されたといわれる

【興正寺の祭事】

 <修正会> 1月1日
 <法然上人祥月> 1月25日
 <聖徳太子祥月> 2月22日
 <孟蘭盆会> 7月14日、15日
 <順徳天皇聖忌> 9月12日
 <報恩講> 11月21日〜28日
 <除夜会> 12月31日

【興正寺へのアクセス】

 市バス 七条堀川 あるいは 西本願寺前 下車すぐ

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク