古世地蔵堂(こせじぞうどう)(KoseJizouDou)

所在地:亀岡市横町   ちず丸地図情報

本尊:矢の根地蔵

 古世地蔵堂(こせじぞうどう)は、亀岡市市街地南部の京町にあるお堂

 平安時代平家物語にも登場する、鵺を弓矢で退治した武将 源頼政の守り本尊が祀られている

【古世地蔵堂の伽藍】

 <本堂>
 矢の根地蔵や閻魔大王が祀られている
 扁額「源三位」が掲げられている
 「源三位(げんさんみ)」とは、清和源氏の武士では異例の従三位まで叙せられた源頼政の通称

 <道案内の石標>


【古世地蔵堂の寺宝】

 <矢の根地蔵(やのねじぞう)>
 本堂に祀られている地蔵菩薩
 手には、錫杖(しゃくじょう)の代わりに弓矢を持っている
 平家物語にも登場する、鵺を弓矢で退治した武将 源頼政の守り本尊といわれる
 秘仏で、夏の地蔵盆のときには拝観できる

【その他】

 <鵺退治の伝説
 平安時代後期
 仁平年間(1151年〜1154年)
 近衛天皇を悩ました鵺を退治した源頼政は、恩賞として御剣「獅子王(ししおう)」と丹波の領地を賜わる

 獅子王は、明治天皇へと献上され、現在は東京国立博物館に収蔵されている

 領地は、鵺退治にちなんで「矢代荘(やしろのしょう)」と称され、後に「矢田荘」と称されるようになる


 <頼政塚
 亀岡市の市街地東部の西つつじヶ丘の小高い丘の上に、源頼政の首塚が残されている


 <古世門跡>
 古世地蔵堂付近には、
 亀山城の5つの城門のうち、大手門の東よりにあった南方向への出入口だった古世門があった

【古世地蔵堂へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅から徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク