こぬか薬師(こぬかやくし)(KomukaYakushi)

正式名称:薬師院(やくしいん)威徳堂(いとくどう)

所在地:京都市中京区
  • 釜座通二条上ル大黒町   地図情報

    黄檗宗の寺院

    山号:醫徳山

    本尊:薬師如来

    中興開山:鉄面和尚

    通称:こぬか薬師

    京都七薬師の一つ

  •  こぬか薬師(こぬかやくし)は、伝教大師 最澄が彫ったとされる薬師如来像を祀る小さな寺院

    【こぬか薬師の歴史・経緯】


    【こぬか薬師の伽藍】

     隆盛していたときには、大黒町一帯が境内で、薬の市が立って全国各地から薬草・薬種を持ち集まって売買されていたといわれる
     現在は、本堂と庫裡だけになっている

     <本堂>
     <庫裡(くり)>




    【こぬか薬師の寺宝】

     <薬師如来像
     本尊
     伝教大師 最澄が「一刀三礼の礼を尽くして(1つ刻むたびに3回拝んで)」彫った七尊体の一体
     (他のものは、延暦寺の根本中堂にのみ1体が現存している)
     美濃国(現在の岐阜県)の医徳堂に安置されていたのを、織田信長の勧請で薬師院に移されたといわれる

    【こぬか薬師の由来】

     <故事
     鎌倉時代
     1230年(皇紀1890)寛喜2年の冬
     異常気象による極寒の中で、疫病が大流行していたある夜、
     斉藤山城守の夢に本尊の薬師如来が現れ、
     「一切の病苦の衆生よ、わが前に来れば諸病ことごとく除いてやる。早く来ぬか来ぬか」と告げられた
     斉藤山城守は、感激して世間にこのお告げを広め、遠国からも参拝者が訪れ疫病が早々に治まったといわれる
     その後、薬師院を「不来采薬師(こぬかやくし)」「こぬか薬師」と称されるようになった

     <鹿子髪(かのこがみ)>
     この付近には、鹿子髪(かのこがみ)を結う女性が多く、その女性達の信仰が厚かったことから
    「かのこ薬師」と称され、それが訛って「こぬか薬師」となったともいわれる

    【こぬか薬師の祭事】

     <本尊薬師如来開扉法要>
     10月8日

    【こぬか薬師の御詠歌】

     皆人の古ぬを於楚しと 満ちたまう 薬師のちかい 多能もし起可那
     (みなびとのこぬをおそしと まちたまう やくしのちかい たのもしきかな)

    【こぬか薬師へのアクセス】

     市バス 烏丸二条前 徒歩約5分


    【京都検定 第6回2級】

    【京都検定 第11回2級】


    [インデックス]


    京都通メンバページ

    写真:表示/非表示

    [目次]


    [関連項目]


    [協賛リンク]



    [凡例]

    赤字
     京都検定の出題事項
     (過去問は下段に掲載)

    ピンク
     京都検定に出題された
    項目へのリンク

    青色紫色
     関連項目へのリンク