金光寺(こんこうじ)(KonkouJi)



所在地:京都市下京区六条通河原町西入ル本塩竃町   地図情報

時宗の寺院

山号:市中山(しちゅうさん)

院号:最勝王院(さいしょうおういん)

本尊:引接阿弥陀如来

開基:空也上人

通称:市屋道場(いちやどうじょう)、一夜道場(いちやどうじょう)、市姫金光寺(いちひめこんこうじ)
 金光寺(こんこうじ)は、平安時代源融が邸宅 六条河原院で塩焼をし、
貴族たちが詩歌や管弦を楽しんだ河原院跡の地に立つ小さな寺院

 平安京の東の市場に立っていたことで、「市中山」と称された

【金光寺の歴史・経緯】


【金光寺の寺宝】

 <引接阿弥陀如来>
 本尊
 定朝の作といわれる
 空也上人が、花山天皇の念持仏を賜ったものいわれる

 <紙本著色 遊行上人絵巻(しほんちゃくしょく ゆぎょうしょうにんえまき)(重要文化財)>
 鎌倉時代のもの

【金光寺へのアクセス】

 地下鉄 烏丸線 五条駅 徒歩約5分
 市バス 河原町正面 徒歩約3分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク