孤篷庵(こほうあん)(KohouAn)



所在地:京都市北区紫野大徳寺町   地図情報

臨済宗大徳寺派大本山大徳寺塔頭

創建:小堀遠州

開山:江月宗玩(こうげつそうがん)

国の史跡国の名勝

 孤篷庵(こほうあん)は、紫野にある大徳寺塔頭の一つで、他の塔頭とは離れ、大徳寺の西端に立つ

 「孤篷」とは「孤舟(こしゅう)」のことで、境内から見える船岡山を孤舟に見たてて名付けたといわれ、
小堀遠州が師事した春屋宗園(しゅんおくそうえん)から授かった号

 茶室や庭園も、湖水に浮ぶ孤舟に擬して作られているといわれる

【孤篷庵の歴史・経緯】


【孤篷庵の伽藍】

 <方丈(重要文化財)>
 本堂
 瓦葺、入母屋造
 1793年(皇紀2453)寛政5年に焼失
 1797年(皇紀2457)寛政9年
 雲林院客殿が移築される

 <書院(重要文化財)>
 「直入軒(じきにゅうけん)」と称される
 1799年(皇紀2459)寛政11年の棟札がある

 <茶室 忘筌席(重要文化財)
 九畳と三畳の相伴席(しょうばんせき)からなる十二畳の広間の書院式茶席
 一間幅の床(とこ)がある
 床脇の手前座の壁は、腰に明かり障子をはめ込み、草庵風になっている
 天井は、板の木目が浮き出た「砂摺り天井(すなずりてんじょう)」になっている
 庭園に面した西側には広縁があり、広縁と庭の境には明かり障子がはめ込まれている
 この明かり障子は、下半分が、中敷居を通して吹き放ち障子になって、庭園を眺める額縁の効果がある
 「露結(ろけつ)の手水鉢」と、各地の名石を集めて作った寄燈籠を近景として、
背後の書院 直入軒の庭を遠景として取り込んだ構成

 「忘筌(ぼうせん)」とは、荘子(そうじ)の「魚ヲ得テ筌ヲ忘レ」という句にちなんだものといわれる
 「目的を達すれば道具(筌:魚をとるための道具)の存在を忘れる」という禅の悟りがしるされる

 金地院の八窓席、曼殊院の八窓席とともに京都三名席の一つ
 一度焼失
 1797年(皇紀2457)寛政9年
 松平不昧により復元、再建される

 <茶室 山雲床(さんうんじょう)>
 書院の北に接する四畳半台目の茶室
 大徳寺龍光院の茶席 密庵の写しといわれる

 <庭園(国の史跡名勝)>
 小堀遠州の作庭
 方丈南庭は、直線的な刈り込みがされている幾何学的な庭
 書院南庭は、刈り込みにより近江八景を表現した庭

【孤篷庵の寺宝】

 <小堀遠州像>
 晩年の小堀遠州の姿を想像して描かれたもの
 上部には、小堀遠州の参禅の師である春屋宗園の賛がある

 <達磨図>
 墨谿の筆
 墨谿は、雪舟と同じく周文に師事していた

 <紙本墨書大燈国師墨蹟(重要文化財)>
 大燈国師 宗峰妙超の墨蹟

 <井戸茶碗(国宝)
 「喜左衛門」の銘がある
 15世紀の朝鮮王朝時代の作
 日用雑器として作られた茶碗を、日本の茶人が茶器に見たてたものといわれる
 「喜左衛門井戸」は、井戸茶碗の中でも名品と称されるもの
 大名茶人 松江藩主 松平不昧など、この茶碗の所持者が次々と腫物ができたため、孤篷庵に寄進されたといわれる

【孤篷庵へのアクセス】

 市バス 大徳寺前 徒歩すぐ


【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第11回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第14回2級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第12回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク