北山別院(きたやまべついん)(KitayamaBetsuin)


所在地:京都市左京区一乗寺薬師堂町   地図情報

浄土真宗西本願寺派の西本願寺の別院

本尊:阿弥陀如来

旧称:御里坊(ごりぼう)

本願寺京都四ヶ別院の一つ

 北山別院(きたやまべついん)は、一乗寺の詩仙堂の南にある、西本願寺の別院
 「別院」は、本山直属寺院で、輪番で住職となる

 親鸞聖人が、得度後、1年間ほど修業をしたところといわれ、「御里坊(ごりぼう)」と称された

【北山別院の歴史・経緯】



【北山別院の伽藍】

 <御聖水(ごせいすい)
 親鸞聖人が、六角堂に百日間の参籠を行ったとき、延暦寺からの行き帰りに身を清めて修業をし、
喉を潤したといわれる井戸
 現在は、石の扉が付けられ、供水に使われている

 <影向石>
 御聖水に隣接する

 <聖水幼稚園>


【北山別院へのアクセス】

 市バス 一乗寺下り松町 東へ徒歩約5分
 叡山電車 一乗寺 東へ徒歩約8分


【京都検定 第6回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク