地蔵院(じぞういん)(JizouIn)

所在地:京都市西京区山田北ノ町   地図情報

臨済宗の単立寺院

山号:衣笠山

本尊:地蔵菩薩

開基:細川頼之(ほそかわよりゆき)

開山:夢窓疎石(むそうそせき)

通称:竹の寺、谷の地蔵

 一休禅師が幼少の頃を過ごしたゆかりの寺院

 孟宗竹や真竹の美しい竹林があり「竹の寺」とも称される

 紅葉の参道があり、2本の見事な山茶花の古木もある

 枝垂桜(しだれざくら)は、京都府指定天然記念物

【地蔵院の歴史・経緯】


【地蔵院の伽藍】

 境内は、京都市の文化財環境保全地区に指定されている

 <本堂>
 昭和時代に再建されたもの
 本尊の延命安産 地蔵菩薩中央に、夢窓疎石、碧潭周皎(宗鏡禅師)、細川頼之の木像が安置されている

 <方丈(京都市登録有形文化財)>
 1686年(皇紀2346)貞享3年の再建

 <千手観音(重要文化財)>
 銅製
 鎌倉時代の作

 <十六羅漢の庭京都市登録名勝)>
 方丈前の枯山水庭園
 細川頼之の遺愛といわれる
 さまざまな形の石が配され、石の一つ一つは羅漢を表し、十六羅漢の修行の姿を表わしている
 宗鏡禅師の作

 <細川石
 細川頼之と碧潭周皎(宗鏡禅師)の墓が本堂の南に建ち、「細川石」と称されている

 <枝垂桜(シダレザクラ)(京都府指定天然記念物)>
 1727年(皇紀2387)享保12年の植樹
 樹高約10m、幹回り約2.4m
 すでに枯れてしまった円山公園の先代の枝垂桜と、母樹が同じ兄弟桜

 <地蔵院十境>
 金剛界門、衣笠山、来鳳軒、枯木堂、観音殿
 地蔵宝殿、尺竜谷、尸陀株、不動井、興雲洞

【地蔵院の寺宝】

 <地蔵菩薩>
 伝教大師 最澄の作といわれる延命安産の本尊

【地蔵院へのアクセス】

 阪急嵐山線 上桂駅 徒歩13分
 京都バス 苔寺 徒歩3分


【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第12回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク