神應寺(じんのうじ)(JinnouJi)

所在地:八幡市八幡西高坊   地図情報

曹洞宗の寺院

山号:糸杉山(しすぎさん)

本尊:薬師如来

開基:行教

中興の祖:弓箴善疆(きゅうしんぜんきょう)

 神應寺(じんのうじ)は、石清水八幡宮のある男山の北側、谷筋を隔てた北の山、鳩ヶ峰の西にある寺院

【神應寺の歴史・経緯】

【神應寺の伽藍】

 山門から急な階段を登ると正面に本堂が見える

 <本堂>
 1795年(皇紀2455)寛政7年の再建
 本尊の薬師如来、日光・月光像、位冠束帯姿の豊臣秀吉坐像、聖観世音菩薩像、聖徳太子像が安置されている

 <開山堂>
 行教律師坐像(重要文化財)が安置されている

 <禅堂>

 <書院>
 伏見城の御殿の遺構といわれる
 上段の間に、違い棚があり、金具には菊花・太閤桐で飾られている
 襖戸杉戸には、狩野山雪の筆による「竹虎図」「御所車(重要文化財)」などが描かれている

 <庫裏>

 <鐘楼>
 1692年(皇紀2352)元禄5年の棟札がある

 <杉山谷不動>
 やや離れた奥の院にある

 滝もある

 <豊川稲荷(荼枳尼天)>

 <墓地>
 本堂西側の小高いところにある
 江戸時代の豪商 淀屋辰五郎のお墓
 近代の航空機研究者 二宮忠八のお墓

 <航海記念塔(重要文化財)>
 麓の山門のすぐ南(左手)に立つ五輪石塔
 鎌倉時代、尼崎の商人が宋との貿易を行う際に石清水八幡宮に祈願して、海難を逃れたといわれ、そのお礼に建立された
 高さ6mほどで、日本最大クラスの大きさのもの
 航海安全のご利益があるといわれる

【神應寺の寺宝】

 <檜一木造 行教律師坐像(重要文化財)>
 開山堂に安置されてる
 平安時代の作、77.6cm
 明治時代以前は、石清水八幡宮の開山堂に祀られていた
 1870年、石清水八幡宮の開山堂が神殿「継弓社」に変わり、像の頭には烏帽子が釘付けされたといわれる
 その後、継弓社が廃されたため神應寺に遷された

 <豊臣秀吉坐像>
 江戸時代の作、寄木造、位冠束帯姿、42.1cm

 <伝弓箴善彊像坐像>
 中興の祖とされる弓箴善疆(きゅうしんぜんきょう)の坐像

 <杉戸絵「御所車」(重要文化財)>
 江戸時代狩野山雪の筆

 <杉戸絵「竹虎図」6面(八幡市指定文化財)>
 江戸時代狩野山雪の筆

 <紙本墨画「山水図」4面>

 <紙本墨画「瀑布図」>

 <掛け軸「八幡大菩薩かがり火の御影」>
 1705年(皇紀2365)宝永2年の作

【その他】

 <名前の由来>
 開祖 行教が、宇佐八幡大神の神託に応じて、石清水八幡宮を遷座したことにちなんで名付けられたといわれる

 <行教
 生没年不詳、紀氏の出身
 平安時代の大安寺(だいあんじ)(奈良)の僧
 行表に師事して、三論宗、法相宗を学び、伝燈大法師位となる
 859年(皇紀1519)貞観元年に、宇佐宮から男山へ八幡大神を遷座し、石清水八幡宮を建立した

 <弓箴善疆(きゅうしんぜんきょう)>
 生没年不詳、桃山時代から江戸時代曹洞宗の僧で中興の祖とされる
 豊臣秀吉と同郷といわれる
 1606年(皇紀2266)慶長11年に高台寺を開山して、豊臣秀吉の文禄・慶長の役で肥前名護屋陣所に随従したといわれる

 <廓翁(かくおう)>
 生没年不詳、江戸時代の僧

【神應寺へのアクセス】

 京阪電車 本線 八幡市駅 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク