百萬遍知恩寺(ひゃくまんべんちおんじ)(Hyakumanbenn ChionJi)


所在地:京都市左京区今出川通田中門前町   地図情報

浄土宗鎮西派大本山の寺院

浄土宗京都四ヶ本山の一つ

山号:長徳山(ちょうとくざん)

院号:功徳院(くどくいん)

本尊:釈迦如来

開基:法然上人

旧称:賀茂の河原屋(かものかわらや)、賀茂の釈迦堂

通称:百万遍(ひゃくまんべん)、百山(ひゃくさん)

 百萬遍知恩寺(ひゃくまんべんちおんじ)は、京都大学の北側に建つ、浄土宗の四大本山の一つ

【百萬遍知恩寺の歴史・経緯】



【百萬遍知恩寺の伽藍】

 七堂伽藍がそろう

 <御影堂>
 本堂
 総欅造

 <釈迦堂>
 釈迦如来坐像が安置されている
 1664年(皇紀2324)寛文4年
 本堂(祈祷堂)として建立され、後柏原天皇の宸翰「知恩寺」の篇額を揚げられる
 京都三大釈迦堂の一つ「今出川釈迦堂」として信仰された
 知恩寺が「神宮寺」と称されていた頃からの本堂
 床に瓦四半敷きとして、入側柱筋を周囲一間通りに設けられている
 内側天井を鏡天井、入側の天井を化粧屋根裏とされる
 禅宗様仏殿を強く意識した建築で貴重な遺構
 来迎壁前面には、蓮華や天女が、来迎壁後面には、十六羅漢像が描かれ、
 「唯心庵専誉傅故謹筆」(金戒光明寺の阿弥陀堂天井画も描いている人物)と記されている

 <阿弥陀堂>
 念仏堂
 阿弥陀如来立像が安置されている
 1811年(皇紀2471)文化8年の建立
 禅宗様仏殿の建築様式で建てられており、この時代の建築に採用された貴重な遺構
 入側柱と側柱の繋ぎなどは簡略化され、屋根も本瓦ではなく桟瓦が敷かれている
 釈迦堂は椅子座で、阿弥陀堂は座式
 本尊を祀る四天柱内天井も、釈迦堂は格天井で、阿弥陀堂は鏡天井と、昔は一番格の高い上質の天井とされていたが、
一般には最も見えない部分であり、次第に省略・簡略化されてきた傾向が現われている

 <賀茂明神の分社>

 <墓地>
 法然上人
 弟子 源智上人
 画家 土佐光起

 鳥居元忠塔頭龍見院墓地)
 など



【百萬遍知恩寺の寺宝】

 江戸時代の豪商 桔梗屋一門の寄進によるものも多く残る

 <釈迦如来
 本尊
 法然上人が43才の時の自作といわれる

 <絹本着色 蝦蟆鉄拐図(がまてつかいず)2幅(重要文化財)
 京都国立博物館に寄託

 <絹本着色 善導大師像(重要文化財)>
 奈良国立博物館に寄託

 <絹本着色 十阿弥陀像(重要文化財)>
 京都国立博物館に寄託

 <絹本着色 仏涅槃図(重要文化財)>
 京都国立博物館に寄託

 <絹本着色 浄土曼荼羅図(重要文化財)>
 京都国立博物館に寄託

 <浄土五祖図(重要文化財)>


【百萬遍知恩寺の祭事】

 <大念珠繰り>
 毎月15日
 御影堂を一巡りする巨大な数珠を参詣者が同時に持ち、念佛を唱えながら回る

 <百万遍さんの手づくり市
 毎月15日、午前9時頃から午後4時まで
 御影堂前の境内を中心に約350店の手作りフリーマーケットが開催されている
 手づくりの物でないと出店出来ない
 1986年(皇紀2646)昭和61年に始まる

 <法然上人御忌大会>
 4月23日から25日
 3年に一度、二十五菩薩練供養が行われる

 <秋の古本まつり
 10月末から11月初旬
 主催:京都古書研究会
 11月3日には、古本供養も行われる

【百萬遍知恩寺へのアクセス】

 市バス 百萬遍


【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第14回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク