行円上人(ぎょうえんしょうにん)(Gyouen)

平安時代中期の僧

生年:不詳
没年:不詳

通称:革聖(かわひじり)、横川皮聖(よかわかわひじり)

出身:豊後国(大分県)

 行円上人(ぎょうえんしょうにん)は、平安時代中期の僧

 行願寺(革堂)を創建し、庶民を含めて広く法華経信仰を布教を行う

 日頃、牡鹿の革に千手陀羅尼を書いた衣をまとっていたため、「革聖(かわひじり)」と称された

【行円上人の経緯】

【行円上人のゆかりの地】

 <行願寺(革堂)
 庶民を含めて広く布教活動をするために創建する
 下鴨神社の槻木(つきのき)をもらって千手観音像を刻んで祀った
 法華経信仰を柱とする法華八講・四十八講・釈迦講・四部講などを行い、貴族や庶民など多くの信者を集めた
 行円上人が「革聖」と称されていたことから、「革堂(こうどう)」と称された

【行円上人の故事】

 <革聖(かわひじり)>
 狩人として生活をしていた頃、子供を身ごもった牡鹿を射止め、血を流しながら死んでいくときに、小鹿を産んだ姿を見て、
悔いて仏門に入ったという
 延暦寺横川で修行を積み、千手陀羅尼を誦呪する聖となる

 射止めた牡鹿の皮に千手陀羅尼を書いて衣として常にまとって、首に仏像をかけていたことから、「革聖」「横川皮聖」と称された


【京都検定 第6回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク