寶徳寺(宝徳寺)(ほうとくじ)(HoutokuJi)



所在地:京都市東山区清水1丁目259   地図情報

浄土宗西山深草派の寺院

山号:霊光山

本尊:阿弥陀如来

開基:玉圓上人(成就院9代)

中興の祖:徳空上人
 寶徳寺(宝徳寺)(ほうとくじ)は、賑やかな清水坂に立つ寺院

【寶徳寺の歴史・経緯】

 桃山時代
 1598年(皇紀2258)慶長3年
 成就院9代 玉圓上人が建立

【寶徳寺の伽藍】

 <庫裡>


【寶徳寺の寺宝】

 <阿弥陀如来>
 本尊
 聖徳太子が、42歳のとき厄除け守護の本尊仏として刻んだ霊像

 奈良時代
 608年(皇紀1268)推古天皇16年
 聖徳太子が、宮中で無量寿経を説いたときに、
お経の中に「神力大光を演べて、普く無際の土を照らし、三苦の闇を消除して、広く諸の厄難を救い玉う」とあり、これを深く信じ、
厄除け守護の本尊仏として刻んだとされる

【寶徳寺へのアクセス】

 市バス 清水道 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク