報恩寺(ほうおんじ)(HouonJi)

所在地:京都市上京区小川通寺之内下ル射場町   地図情報

浄土宗の寺院

山号:尭天山

院号:佛牙院

本尊:阿弥陀三尊

中興の祖:慶誉上人(きょうよしょうにん)

通称:鳴虎(なきとら)、鳴虎報恩寺

 報恩寺(ほうおんじ)は、西陣堀川寺之内の近くにある寺院

 豊臣秀吉ゆかりの「鳴虎図」があり、「撞かずの鐘」の故事が残る

 歴代の観世流家元や、志野流香道家 元蜂谷家の菩提寺

【報恩寺の歴史・経緯】




【報恩寺の伽藍】

 <石橋>
 かつて門前に流れ、現在は埋められた小川(こがわ)に架かる石橋
 豊臣秀吉の侍尼 仁舜尼の寄進
 擬宝珠に、1602年(皇紀2262)慶長7年の銘がある

 <梵鐘(重要文化財)>
 「撞かずの鐘」といわれる故事が残る
 高い笠形で、八角素弁小形の撞座(つきざ)2個が、龍頭(りゅうず)の方向と直交しているなど、奈良時代以来の古式のもの
 平安時代末期の鋳造

 <客殿>
 筑前 黒田長政が死去した部屋もある
 1818年(皇紀2478)文政元年4月の再建

 <賓頭盧頗羅堕闍尊者(びんずるはらだじゃそんじゃ)>
 仏弟子、十六羅漢の一人で、阿羅漢果を証して神通力を得て衆生を済度する
 「おびんずるさま」と称され信仰されている
 撫佛(なでぶつ)することで、難病を除かれるといわれる

 <庭園>
 白砂の枯山水庭園と、中庭がある

 <稲荷社>
 正一位 稲荷大明神が祀られている

 <地蔵堂>

 <墓碑>
 豊臣秀吉の侍尼 仁舜尼の墓碑
 大坂城城代 備後国 福山藩祖 阿部正勝の墓碑

 <本堂・庫裡>
 1788年(皇紀2448)天明8年の天明の大火で類焼し、
 それ以後、再建されていない



【報恩寺の寺宝】

 <阿弥陀三尊像>
 本尊
 客殿に安置されている
 鎌倉時代の名匠 安阿弥快慶の作

 <鳴虎図(なきとらず)>
 1501年(皇紀2161)文亀元年
 後柏原天皇より、下賜された虎の掛け軸
 中国 東北の山岳地帯で、虎が谷川の水を飲んでおり、背後には松が描かれ、2羽のカワサギがとまっている
 毛の一本一本が描かれ、立体的に浮き出ており、右からと左から見るとで姿が違って見える
 豊臣秀吉が気に入り、聚楽第に持ち帰えり床に掛けて観賞していたが、毎夜、吠えて眠れずに、返されたものといわれる
 中国の画人 四明陶いつ(しめいとういつ)の署名があり、宋か明の時代に描かれたものといわれる
 寅年の正月三が日にのみ特別公開されている

【その他】

 <撞かずの鐘の故事
 かつて、鐘(重要文化財)は、朝夕に撞かれ、西陣一帯の織屋では、この鐘の音で仕事が終始していた

 ある織屋の仲の悪い15歳の丁稚と13歳の織女が、夕刻の鐘の数を、織女は9つ、丁稚は8つと言い争った
 本来は、百八煩悩を除滅するために、108つの1/12の9つが毎日夕刻に撞かれていたが、丁稚は、寺男に頼み、
その日だけ8つのみ鐘をついてもらった

 織女は、負けた悲しさと悔しさで、鐘楼で首をつり自殺をしてしまった
 それ以来、この鐘をつくと不吉なことが起こるため、梵鐘の供養をし、朝夕に撞くのをやめ、除夜と大法要の時にのみに
撞くことになったといわれる

【報恩寺へのアクセス】

 地下鉄 今出川駅 徒歩約10分
 市バス 堀川上立売 徒歩約3分


【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第13回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク