宝筐院(ほうきょういん)(HoukyouIn)


所在地:京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町   地図情報

臨済宗の単立寺院

山号:善入山(ぜんにゅうざん)

本尊:木造十一面千手観世音菩薩

開基:白河天皇

中興の祖:黙庵周諭禅師

 宝筐院(ほうきょういん)は、嵯峨野嵐山清凉寺(嵯峨釈迦堂)の西隣にある寺院

 「宝筐院」は室町二代将軍 足利義詮の院号で、南朝の武将 楠木正行と、足利義詮の菩提寺

 秋の紅葉の名所で、ドウダンツツジや四季折々の花が咲く庭園が楽しめる


【宝筐院の歴史・経緯】





【宝筐院の伽藍】

 <本堂>
 <茶室>

 <回遊式枯山水庭園>
 一面の苔と白砂の庭園
 紅葉の名所

 <五輪石塔>
 右側
 楠木正行の首塚

 <宝筐印塔>
 左側の三層石塔
 室町幕府 二代将軍 足利義詮のお墓

 <石碑「欽忠碑」>
 1891年(皇紀2551)明治24年
 京都府知事北垣国道(きたがきくにみち)が、楠木正行の遺跡を偲び、首塚の由来を記した石碑を建てた

【宝筐院の寺宝】

 <木造十一面千手観世音菩薩立像>
 本尊

 <木造十一面千手観世音菩薩立像>
 本尊



【宝筐院へのアクセス】

 市バス 嵯峨釈迦堂前 徒歩約5分
 京福電車 嵐山駅 徒歩約15分
 JR山陰本線(嵯峨野線) 嵯峨嵐山駅 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク