方広寺(ほうこうじ)(HoukouJi)

所在地:京都市東山区茶屋町   地図情報

天台宗山門派の寺院

本尊:大日如来大黒天

創建:豊臣秀吉

 方広寺(ほうこうじ)は、東山区豊国神社の北にある寺院

 豊臣秀吉が高さ約19mの大仏を安置したところ

 徳川家康による豊臣家滅亡のきっかけとなった「国家安康の梵鐘」がある

【方広寺の歴史・経緯】




【方広寺の伽藍】

 <石塁および石塔(国の史跡)>
 <本殿>
 <大黒天堂>
 <鐘楼>


【方広寺の寺宝】

 <国家安康の梵鐘(重要文化財)
 東大寺、知恩院のものと日本三大名鐘の一つ
 この鐘の左上に刻まれた「国家安康」「君臣豊楽」の銘文が、
家と康を分断し、豊臣家を君主とするものだとして徳川家康の怒りにふれ、豊臣家滅亡のきっかけになったといわれる
 1614年(皇紀2274)慶長19年
 京都三条釜座の名古屋三昌により鋳造される
 大きさは、高さ4.2m、外形2.8m、厚さ0.27m、重さ82.7t

 <本尊盧舎那仏坐像>
 消失した大仏の1/10の大きさの木像
 2代目の大仏の台座の一部などが現存する
 大仏殿の遺物としては、他に柱の金輪、屋根の軒先に吊されていた風鐸が残されている

 <大黒天像>
 桓武天皇の勅命により伝教大師 最澄延暦寺を建立するときに、比叡山登山中のお告げにより彫刻された大黒天といわれる
 さらに、その像を豊臣秀吉が気に入り、1/10のサイズで作らせ手元に置いたとされる小さい像もある
 ともに大黒天堂に安置されている

【その他】

 <正面通
 方広寺大仏の正面の通りから名付けられる
 豊臣秀吉は、東の豊国廟と西の本願寺と方広寺が一直線になるよう計画したといわれるが、
徳川家康により、その間に東本願寺渉成園が創建され分断されてしまった

【方広寺へのアクセス】

 市バス 博物館三十三間堂前 徒歩約5分
 京阪電車 七条駅 徒歩約10分


【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第8回1級】

【京都検定 第11回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク