悲田院(ひでんいん)(HidenIn)

所在地:京都市東山区今熊野悲田院山町   地図情報

真言宗泉涌寺派総本山泉涌寺塔頭

山号:泉山

本尊:阿弥陀如来

 悲田院(ひでんいん)は、泉涌寺塔頭の一つ

 泉山の中腹に立ち、境内からは京都市内が一望できる

 後花園天皇が火葬され奉られてから、勅願寺となる
 高槻藩 主永井家の菩提寺でもある

【悲田院】

 悲田院(ひでんいん)とは、仏教の慈悲の思想に基づき、貧しい人や孤児を救うために作られた施設のこと

 聖徳太子が、隋に見習い、大阪の四天王寺に四箇院(悲田院・敬田院・施薬院・療病院)の一つとして建てたのが
日本での最初といわれる

 奈良時代後期
 730年(皇紀1390)天平2年
 光明皇后の皇后官職に施薬院が置かれ、皇后の発案で平城京の左京・右京に悲田院が設置される

 平安京にも、病人や孤児のための施設として、左京・右京に悲田院が建てられた

【悲田院の歴史・経緯】


【悲田院の伽藍】

 <山門>

 <玄関>
 山門から正面

 <本堂>
 左手の建物

 <毘沙門堂>
 右手の建物
 泉涌寺七福神巡り第六番の毘沙門天が祀られている

 <南無大師遍照金剛像>
 <火葬塚>
 <高槻藩 主永井家のお墓>


【悲田院の寺宝】

 <阿弥陀如来像>
 本尊
 本堂に祀られている

【悲田院の祭事】

 <泉涌寺七福神巡り>
 1月成人の日
 第6番毘沙門天



【悲田院へのアクセス】

 市バス 泉涌寺道 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク