欣浄寺(ごんじょうじ)(GonjyouJi)

所在地:京都市伏見区西桝屋町   地図情報

曹洞宗の寺院

山号:清凉山(せいりょうざん)

本尊:丈六の伏見大仏

開山:日本曹洞宗の開祖 道元禅師

通称:伏見大仏欣浄寺(ふしみだいぶつごんじょうじ)

 欣浄寺(ごんじょうじ)は、伏見区墨染の付近にある寺院

 深草少将の邸宅跡といわれ、小野小町深草少将ゆかりの史跡がある

 日本曹洞宗の開祖 道元禅師の「深草閑居の史跡」ともいわれる

【欣浄寺の歴史・経緯】

【欣浄寺の伽藍】

 お寺の境内は、深草少将の邸宅跡といわれる

 <本堂>
 鉄筋コンクリート造の近代的な建物
 「伏見大仏」と称される丈六の毘盧舎那如来阿弥陀如来像、道元禅師石像などが安置されている
 堂内深草少将張文像安置
 1973年(皇紀2633)昭和48年の建立

 <小町姿見の池>
 本堂の前に、境内の面積の半分ぐらいある池
 小野小町が自分の姿を映したという池

 <墨染井(すみぞめい)>
 深草少将姿見の井戸
 本堂から橋を渡って、池の向こう側にある
 深草少将の涙のごとく、枯れる事がない事から「涙の水」とも称される
 「通ふ深草百夜の情 小町恋しい涙の水が 今も湧きます欣洗寺」と書かれた駒札がある

 <深草少将塚>
 <小野小町塚>
 池の畔に並んである小野小町深草少将の供養塔

 <藤原基経の供養塔>

 <少将の通い道>
 池の東の薮の中にあった小道
 訴訟がある者が、この道を通ると願いが叶わなくなるといわれる

 <道元の詩碑>
 「生死可憐雲変更、迷途覚路夢中行、唯留一事醒猶記、深草閑居夜雨聲」
 1812年(皇紀2472)文化9年
 天照卍瑞の筆により建立された

 <井上源三郎の首塚>
 1868年(皇紀2528)明治元年
 鳥羽・伏見の戦いで戦死した新撰組の六番隊組長 井上源三郎の首塚といわれる
 甥の井上泰助がその首を持ち帰ろうとしたがあまりに重く、近くにあった欣浄寺に首と刀を埋葬したといわれる

【欣浄寺の寺宝】

 <丈六 毘廬遮那仏(びるしゃなぶつ)
 本堂の本尊
 木造、寄木造、像高約4.85m
 木造としては日本一の大きさといわれる
 胎内の銘により、頭部は江戸時代1774年から1776年、胴部は1791年から1796年の作とされる
 発願は天明義民一揆で、犠牲になった9人を供養するものともいわれる
 「伏見大仏(伏見の大仏)」と称されている
 釈迦如来阿弥陀如来大日如来の合体仏ともいわれる

 <清凉寺式阿弥陀如来像
 平安時代の仁明天皇の念持仏といわれる

 <道元禅師石像>
 道元禅師の自刻といわれる

 <深草少将張文像>
 本堂に安置されている立像
 深草少将が、小野小町への文を焼いて、その灰を捏ねて作ったといわれる

【欣浄寺へのアクセス】

 京阪電車 墨染駅 徒歩約5分
 市バス 竹田駅始発南8番 墨染下町


【京都検定 第15回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク