円通寺(えんつうじ)(EntsuuJi)

所在地:亀岡市紺屋町   ちず丸地図情報

曹洞宗の寺院

山号:華屋山

本尊:観音菩薩

開基:松平与副(形原松平家の祖)の妻

開山:勅諡法輝円明禅師

 円通寺(えんつうじ)は、亀岡市亀山城城下町にある曹洞宗の寺院

 亀山藩藩主となった形原松平家の奥方の菩提寺

 同じく形原松平家の菩提寺である光忠寺と一緒に、領地替えのたびに領主に随行して移転してきた

【円通寺の歴史・経緯】

 戦国時代
 1523年(皇紀2183)大永3年
 亀山藩藩主となった形原松平家の本拠であった形原郷(愛知県蒲郡市形原)で、勅諡法輝円明禅師を招いて開山される

 開基は、形原松平家の祖 松平与副の妻とか娘などといわれるが、法名は「圓月院殿華屋栄春大禪定尼」とされる

 形原松平家の奥方の菩提寺として庇護され、
 同じく形原松平家の菩提寺である光忠寺と一緒に、領地替えのにたびに領主に随行して移転する

 江戸時代中期
 1748年(皇紀2408)寛延元年
 松平信岑が、篠山藩から亀山藩に異動になり、亀山城城下町に移される

 1789年(皇紀2449)寛政元年
 現在の地に移される



【円通寺の伽藍】

 <山門>

 <本堂>
 華屋山の扁額がかかっている
 <庫裏>
 <お堂>

【円通寺の寺宝】

 <絹本著色 仏涅槃図(亀岡市指定文化財)>
 室町時代の作

【円通寺へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅から徒歩約10分

 本町西バス停・ 北町南バス停・マツモト荒塚店前バス停から徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク