延福寺(えんぷくじ)(EnpukuJi)

所在地:亀岡市本梅町西加舎的場   ちず丸地図情報

高野山真言宗の寺院

山号:丸岡山(まるおかさん)

本尊:薬師如来

開山:文覚上人

 延福寺(えんぷくじ)は、亀岡市の西部、本梅町にある高野山真言宗の寺院

 花園天皇の勅願で再興された経緯があり、石造 十三重石塔(重要文化財)がある

【延福寺の歴史・経緯】

 平安時代末期
 1154年(皇紀1814)久寿元年
 文覚上人により創建される

 その後、衰退する

 鎌倉時代後期
 1312年(皇紀1972)正和元年
 僧 祐辨が、花園天皇のご病気を本尊 薬師如来に祈願して平癒された功績により、勅願を受けて再興する

 正和年間(1312年〜1317年)
 再興された諸堂塔が焼失する

 江戸時代初期
 1687年(皇紀2347)貞享4年
 本堂が再建され、薬師如来三尊、阿弥陀如来二体毘沙門天、花園天皇像の諸像が祀られる

 宝永年間(1704年〜1711年)
 大師堂が建立される

 近年の土砂崩れで本堂、大師堂などが倒潰する

 その後、本堂、庫裏が再建される

【延福寺の伽藍】

 <二天門>
 朱塗り、三間一戸、八脚門、入母屋造、鉄板葺
 両脇に、二天像が安置されている
 寛永年間(1624年〜1644年)の再建

 <石標「花山天皇勅願 延福寺」>
 <南無大師遍照金剛像>
 <本堂>
 薬師如来が祀られている
 「丸岡山」の扁額が掲げられている

 <鐘楼>
 近年の土砂崩れで唯一残った延福寺で最古の建物

 <石造 十三重石塔(重要文化財)>
 塔身の初重の四方に四方仏が半肉彫されている
 花崗岩、高さ2.7m
 基礎部分に、1358年(皇紀2018)延文3年10月25日の願主 僧 祐辨の銘がある
 上部九輪の上五輪が欠損している

 <役行者の祠>

 <庫裏>

 <庭園>
 池泉回遊式庭園
 江戸時代の作庭

 <宝篋印塔>
 「法界塔」と刻されている

【延福寺へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 千代川駅から亀岡市ふるさとバスで 本梅 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク